GTM-MML4VXJ
Skip to main content

超高速インメモリデータウェアハウス

Oracle Databasae In-Memoryのインメモリでの高速処理とSPARC M10のSoftware on Chipにより、超高速データウェアハウスが実現できます。

Oracle Database In-Memory の特徴

  • 1. インメモリ・デュアル・フォーマット
  • 2. 導入の容易性
  • 3. 既存資産の保護

1. インメモリ・デュアル・フォーマット

既存のOracle Databaseの構造に加えて、インメモリでの検索環境を追加した他社にない特徴を持つ。

  • 既存のOracle DB(ロー型)と同時にインメモリで高速検索を可能にするカラム型フォーマットを保持
  • 業務で更新されるデータを自動的に反映
  • 常に最新のデータの参照が可能

fig_01

【カラム型フォーマットが速い理由】

  • ロー型は行単位の処理。カラム型は列報告方向にデータをまとめて扱う
  • 行単位での処理に比べ、分析や集計等のカラム単位の処理は非常に高速

fig_02

2. 導入の容易性

通常のOracle Databaseの環境に対して、以下の考慮をするだけで、超高速検索環境ができる。

  • 物理メモリの確保
  • カラム型フォーマットで使用するメモリ容量を設定しインスタンス再起動
  • カラム型フォーマットで使用する表、パーティション等を選択

3. 既存資産の保護

Oracle Database In-Memoryは既存のOracle Databaseに参照専用の構造を追加しただけ。このため、既存のOracle Databaseに対する運用、アプリケーションインタフェースは一切変わらない。

  • アプリケーションの変更なし
  • データ・フォーマットの変更なし
  • バックアップなどの管理方法に変更なし
  • 既存の拡張性・可用性・セキュリティを維持

SPARC M10による超高速Database In-Memory

SPARC M10のSoftware On Chip(SWoC)でさらに超高速を実現

M10+In-Memory DBテクノロジの相乗効果

fig_03

富士通だからできるDatabase In-Memoryの高速化

サーバ開発、OS開発に加え、データベース開発でもOracleと協業

fig_04

超高速データウェアハウス基盤の提案

Before

  • 集計・分析や処理が遅い
  • 日次などのバッチ処理で出^他の連携を行っている場合、リアルタイム性が低い
  • データウェアハウス専用機の場合、専任のコンサルタントや専門性が必要

fig_05

fig_06

After

  • インメモリの効果により、分析処理性能が大幅に向上、データベースの負荷も減少
  • Oracle Databaseのスキルセットで運用管理
  • SQLやアプリケーションからは、透過的なのでSQLやアプリケーションの改修は不要

fig_07

Oracle超高速インメモリデータウェアハウスソリューション紹介

オラクルインメモリ列ストアに対応したソリューションを体系化したサービスです。

Oracle Database 12cからご利用いただける『インメモリ列ストア』を活用した本サービスを適用いただくことにより、DWHにおける検索性能劣化やデータ分析の長時間化など、データベース性能に課題を抱えているお客様において、既存のSQL資産をチューニングすることなく従来のデータベースシステム比で数百倍の大幅な改善を実現いたします。

Oracleソリューションに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)