GTM-MML4VXJ
Skip to main content

セキュリティ(ID管理)

グローバルかつグループ経営に必要な、散在するユーザIDやパスワード、アクセス権限の管理などを統合化し、今日の企業が対応すべき課題を解決するオラクルのID管理・認証ソリューションです。

こんな課題にお悩みではありませんか?

  • 既存のID管理が、システムごとにバラバラでその運用管理が煩雑になっており、運用負荷の増大やガバナンスの低下、セキュリティリスクの増大を招いている。
  • ユーザーの視点からは、ID/PWやその運用がシステムごとに異なり認証が煩雑で、利便性の低下を招いている。
  • グローバル化に伴うM&Aなどにより、企業内に体系がバラバラなIDが存在している。

OracleのID管理ソリューション

OracleのID管理ソリューションはID情報を一元管理、人事システムと連動することによってタイムリーにID情報を反映します。これにより管理工数を削減でき、セキュリティをより高めることが可能になります。
また、ADが分散しているようなケースでも仮想統合により既存の環境に大きく手を加えることなく、シングルサインオンを実現できるので、ユーザーの利便性向上にも貢献します。

[図]OracleのID管理ソリューション

Oracle Identity Manager

人事イベントと連動して、LDAPやDatabaseなど様々なアプリケーションに対するIDの追加、更新、削除プロセスを自動化することができます。
また、ID申請の承認ワークフローや監査レポートなど、ID管理に関する様々な機能を有しています。

Oracle Access Manager

Webアプリケーションへのシングルサインオンを実現するとともに、様々なサイトへのアクセスを一元管理することができます。
また、Oracle Identity Federationを使用して、クラウドと連携したシングルサインオンも実現可能です。

Oracle Virtual Directory

分散されたLDAPやDatabaseテーブルに格納されたID情報の物理データをそのままに1つのLDAPに仮想統合することができます。

Oracle製品の利点

  • グローバルで主に大規模ユーザー向けに製品群を提供し、高い評価を受けています。
  • Oracle Identity Manager(ID管理/配信)、Oracle Access Manager(WebベースSSO、フェデレーション)等、統合認証基盤に必要な機能を網羅的に提供しています。
  • Oracle Virtual Directory を使用すると、分散されたActive Directoryや業務システムのID情報を、仮想的に統合して管理することができます。

統合ID管理のリファレンスモデル

[図]統合ID管理のリファレンスモデル

  • グローバルコミュニケーション基盤のID/認証をOracle IDM製品で実現。
  • Oracle Identity Managerで分散されたActive DirectoryにID情報を配信。
  • Oracle Virtual Directoryで分散されたActive Directoryを仮想統合、Oracle Access Managerを使用して認証、グローバルコミュニケーション基盤のサービスを使用。
  • 今後M&Aなどにより、管理対象のActive Directoryなどが増えたとしても、Oracle Identity ManagerやOracle Virtual Directoryを使用して、容易にシステムへの組み込みが可能。

Oracleソリューションに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)