GTM-MML4VXJ
Skip to main content

データベース統合基盤

運用管理コスト削減と性能向上の両方を満たすデータベース統合を実現するソリューションです。

特長

マルチテナントのOracle Database 12c

Oracle Database 12cはマルチテナントを提供するプライベートクラウドや全社DB統合を実現するのに最適なデータベースです。Container Database(CDB)のデータベース基盤機構の上に、Pluggable Database(PDB) という仮想データベースを追加するだけで、統合されたデータベースが構築できます。

段階的な拡張を実現

SPARC M10はビルディングブロック(Building Block)方式により、最大1,024コア(64CPU)/32TBメモリまでの拡張が可能です。Oracle Database 12cのPDBによる段階的なDBの統合計画に合わせて、最適なサーバの拡張が行えます。

柔軟な運用

SPARC M10は1コア単位でコアの増強が可能です。Oracle Database 12cのPDB単位の性能拡大のために、サーバ性能そのものの増強を柔軟に行えます。

ソリューション構成図

Oracle Database 12cによるクラウドDB基盤

Oracle Database 12cによるクラウドDB基盤イメージ図

Oracleソリューションに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)