GTM-MML4VXJ
Skip to main content

情報分析基盤

企業活動において発生する大量データを意思決定や業務改善に活用するためのソリューションです。

特長

全社展開にも対応可能

Oracle BIは経営層から現場担当者まで、全社で利用可能な情報分析基盤として最適な製品です。このため、これを提供するプラットフォームも全社で利用可能な信頼性、柔軟性を兼ね備えることが重要です。SPARC M10はこれら両面を満たす全社統合基盤に最適です。

高速アクセスを実現

BIのデータ分析においては、大容量のメモリを高速にアクセスし、データ処理を高速に行うことが必要です。SPARC M10の高性能SPARC64 X / X+プロセッサがこの両方を実現し、お客様のデータ分析、活用を最適にサポートします。

柔軟な拡張性

Oracle BIは全社統合に対応して、多数ユーザの処理を適切なコア数で実行できる基盤を提供しています。当初は少数ユーザで構築し、段階的に規模を拡大する場合にも、SPARC M10のCPUコア アクティベーションにより、規模に応じた最適な処理を実現できます。

ワンボックスサーバでのソフトウェア統合

インメモリデータベースのOracle TimesTenによる高速なデータリソース環境とOracle BIによるデータ参照を、最大4TB大容量メモリと64コアのプロセッサを実装するSPARC M10-4により、ひとつのサーバにすべてを統合することができます。

ソリューション構成図

SPARC M10による高速BI基盤

SPARC M10による高速BI基盤のイメージ図

最適化のポイント

ミドルウェアを活かすハードウェアの特徴(SPARC M10-4)

メモリ

CPU

  • 64コアの高速演算性能
    最大構成で世界№1性能

仮想化

  • ライセンス費用の最適化
    TimesTen,BIEEを分離し、それぞれのライセンスを購入
  • ネットワークを高速化し、早いレスポンスを実現
    • 外部スイッチを経由しない
    • Software on Chipでさらに高速化

Oracleソリューションに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)