GTM-MML4VXJ
Skip to main content

電磁波解析 Poynting(クラウド版)

電磁波解析ソリューションクラウド版

Poyntingは、電磁波解析のための高精度・高速シミュレータです。FDTD法を採用しており、光学解析・高周波解析のためのさまざまな機能を装備しています。この高度な電磁波解析プログラムを、TCクラウドの従量制サービスでご利用いただけます。

解析需要の変動にあわせて必要な時に必要な分だけの利用が可能で、利用量に応じた従量料金で、ライセンスフィーをはじめとするコストの最適化が図れます。
HPC技術に長けた富士通が、プラットフォームから解析アプリケーションまでワンストップでサポートする、利便性の高い安心のサービスです。

Poynting概要

電磁波解析シミュレータPoyntingは、様々な解析機能を有する3次元電磁波解析ソルバと、操作性に優れたグラフィカル・ユーザ・インターフェースにより、研究・開発業務を強力にサポートいたします。

Poynting概要図

特長

  • FDTD法の採用により、計算精度が高く、適用範囲が広い
  • 不均一グリッドに加え、サブグリッド使用が可能。微細なグリッドを自由に設定できるため、高い計算精度を保ったまま効率の良いシミュレーションを実現
  • 曲面形状に対する境界適合機能を装備

機能

  • 計算モデルの作成、計算格子の自動生成、境界条件・媒質条件・波源の設定機能
  • 材料や構造のパラメータのスイープ機能
  • モデル作成作業や計算格子の設定を効率化するスクリプトAPI機能
  • 3次元CADデータのインポート機能
  • 周期境界条件における平面波の斜め入射設定機能
  • 計算結果を2・3次元グラフィクスで可視化する機能
  • 電界、磁界のスペクトル表示機能
  • Poyntingベクトルの表示機能
  • EMIスペクトルを算出する機能
  • 透過・反射係数、パワーを算出する機能
  • 遠方電磁界(放射界、散乱界)を算出する機能

Poynting for Microwave(高周波解析用)

電子機器の開発では、高速化、高密度化、低電圧化が進むとともに、更なる開発期間短縮が求められています。そのため、複雑化したノイズ対策や製造上の問題の解決にはシミュレーションの活用が必須となりつつあります。
Poynting for Microwaveはこのようなニーズに応えるために富士通が開発した3次元電磁波解析ソフトウェアです。高周波解析のための様々な機能を装備し、各種マイクロ波コンポーネント、高速デジタル・アナログ回路、各種アンテナ、電磁波シールドなどのEMCノイズ解析が可能です。

Poynting for Optics(光学解析用)

近年注目を集める、メタマテリアルやフォトニック結晶など、波長以下の微細構造をもつ光学素子。その研究開発においては高精度な光の電磁界解析が必須となっています。
Poynting for Opticsは、光学解析のためのさまざまな機能を装備した3次元電磁波解析ソフトウェアです。近接場光やプラズモンを応用した光学デバイス、微細加工用フォトマスク、光導波路デバイスなどの光学解析が可能です。

Poynting(クラウド版)活用のメリット

  • HPC用クラスタとしてすでに構築済みのシステムを、オンデマンドですぐに利用できる
  • 優れた機能を有する電磁波解析アプリケーションPoyntingを、従量利用できる
  • 製品開発のピーク時に、必要な計算リソースをクラウド上で利用できる
  • 社内の環境では実行できない大規模解析を、クラウド上で解析できる
  • 短期間で、大規模解析による多様な解析結果を得られる
  • 従量制により、計算リソースのみならずPoyntingのライセンスフィーも、利用分だけのコスト負担で済む
  • 計算リソースの追加も自由で、スケーラビリティに優れている
  • 常に最新バージョンのHPC環境を利用できる

これらのメリットにより、

  • 開発期間におけるリードタイムの短縮
  • 開発に関わるトータルコストの削減

を達成することができます。

Poynting(クラウド版)が解決する課題

  • 研究、開発期間の短縮
  • 製品設計の高度化
  • 開発コスト削減

実装テクノロジーの進展と厳しい外部規制により、設計難易度が上昇している今、特にEMC認証に関わる悩みは尽きません。電波サイトでのCut&Tryや、基板のリメイク、対策部品の増加などによる開発時間とコストロスを避けるためには、試作の前段階で、設計上流におけるシミュレーションによる仮想的な設計検証と評価が必要です。

電子機器の高周波解析に威力を発揮するシミュレーターPoyntingを、必要なタイミングで必要なだけオンデマンドで利用することで、解析による設計検証を短期間で実施することができます。評価工数や試作回数を削減でき、トータルでの設計期間の短縮とコスト削減が可能になります。

TCクラウドでは、Poyntingのライセンスと解析用プラットフォームを日額で利用できます。すぐに使えるだけでなく、HPC用クラスタによる並列計算により、電磁波解析の時間を大幅に短縮することが可能です。

変動する解析需要に応じて、ライセンス数や計算資源をタイムリーに増減することができ、コストの最適化や、急な解析需要への柔軟な対応が可能になります。さらに、ICTの運用保守などが不要なため、解析業務に専念することも大きなポイントです。

メタマテリアルプリズムの解析事例メタマテリアルプリズムの解析事例

Poynting導入事例

富士電機様 パワエレ機器のノイズ解析

  • 事例:筐体+ケーブル一体モデルにおける電界強度

パワエレ機器のノイズ解析

富士電機株式会社様 ご提供(富士時報、vol.82、no.3、pp.165-169、2009より転載)

東京大学様 プラズモンコンデンサー

  • 事例:表面プラズモンの実験と解析の比較

表面プラズモンの実験と解析の比較

東京大学 大津研究室様 ご提供
T. Yatsui, W. Nomura, M. Kourogi, and M. Ohtsu,
Title: Plasmon condenser for optical far/near-field conversion, Technical
Digest of Conference on Lasers and Electro-Optics, June 2-6, 2003,
Baltimore, MD, (paper number CWP3)

サポートについて

TCクラウド上のPoyntingは、メンテナンスフリー。いつでも最新の環境を利用可能です。Poyntingの解析機能とHPC環境を提供するTCクラウドでは、プラットフォームからアプリケーションまで、システム導入から運用、教育、受託解析に至るまで、富士通の優れた専任スタッフがサポートをワンストップで提供します。Poyntingの様々な課題を解決するために、電磁波解析に精通した専門チームによる「電磁波解析ヘルプデスク」を用意しています。

Poyntingや電磁波解析にご興味をお持ちの方は、まずはご相談ください。

Poyntingパッケージ製品について

Poyntingパッケージ製品をご希望の方は、以下Poyntingパッケージ製品のご紹介ページで詳細をご確認ください。

関連コンテンツ

利用の流れ

利用の流れ

TCクラウドサービスをご利用いただく際の流れをご説明します。

料金体系

料金体系

TCクラウドサービスをご利用いただく際の料金体系をご案内します。

よくあるご質問

よくあるご質問

TCクラウドに関するよくあるご質問についてご紹介します。

TCクラウドに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)