GTM-MML4VXJ
Skip to main content

構造解析 LS-DYNA(クラウド版)

構造解析ソリューションクラウド版

衝突/衝撃解析、落下解析、塑性加工解析、貫通/破壊解析などに威力を発揮する、構造解析アプリケーションLS-DYNA。これらの分野で世界有数の導入実績を誇る、信頼性の高いプログラムを、TCクラウドの従量制サービスでご利用いただけます。

解析需要の変動にあわせて必要な時に必要な分だけの利用が可能。利用量に応じた従量料金で、ライセンスフィーをはじめとするコストの最適化が図れます。

HPC技術に長けた富士通が、プラットフォームから解析アプリケーションまでワンストップでサポートする、利便性の高い安心のサービスです。

LS-DYNA(クラウド版)の概要

LS-DYNA(クラウド版)の概要図産業界における数値計算シミュレーションの動向

製品開発の世界では、さまざまなシミュレーションにおける内容の高度化、複雑化、それに伴う解析データの大規模化が進んでいます。構造解析アプリケーションLS-DYNAは、構造物の複雑な現象に対する解析プログラム。その信頼性の高さから、世界のデファクトスタンダードとして幅広い分野で活用されています。

富士通では、TCクラウドと組み合わせることで、世界トップクラスの機能と優れた解析性能をオンデマンドで提供。自動車、機械、電機、精密機器、重工業、土木、建設、スポーツ用具などのさまざまな分野で、製品の安全性対応や高品質化、開発期間の短縮やコスト削減に寄与します。

特長

  • 様々な解析機能をひとつにパッケージング
  • 豊富な材料モデル・接触条件に対応
  • 各種I/F、ツールを標準装備
  • 信頼性の高い解析プログラム

適用分野

  • 自動車:衝突解析、乗員安全性解析、プレス/鍛造解析、走行/機構解析
  • 機械/重工業:衝突解析
  • 電機/精密機器:落下解析
  • 土木/建設:衝撃解析、塑性加工、破壊
  • スポーツ用具:衝撃解析

LS-DYNA(クラウド版)活用のメリット

  • HPC用クラスタとしてすでに構築済みのシステムを、オンデマンドですぐに利用できる
  • 世界有数の構造解析アプリケーションLS-DYNAを、従量制で利用できる
  • 製品開発のピーク時に、必要な計算リソースをクラウド上で利用できる
  • 社内の環境では実行できない大規模構造解析を、クラウド上で解析できる
  • 短期間で、大規模解析による多様な解析結果を得られる
  • 従量制により、計算リソースのみならずLS-DYNAのライセンスフィーも、利用分だけのコスト負担で済む
    ※一般のお客様は月額従量制での利用が可能です。
    弊社とLS-DYNAのサポート契約を締結済のお客様は、日額従量制と月額従量制での利用が可能です。
    日額従量制での利用は、既存ライセンスに対する追加ライセンスとして勘案するため、割安になります。
  • 計算リソースの追加も自由で、スケーラビリティに優れている
  • 常に最新バージョンのHPC環境を利用できる

これらのメリットにより、

  • 開発期間におけるリードタイムの短縮
  • 開発に関わるトータルコストの削減

を達成することができます。

LS-DYNA(クラウド版)が解決する課題

  • 開発の期間短縮
  • 設計の高度化
  • 開発コスト削減

大企業(自動車・自動車部品・電気)の研究開発部門の解析専任者、設計者など、すでに自社内でLS-DYNAをご利用の方は、社内環境で補えない部分のみ、必要なタイミングで必要な量だけTCクラウドをご利用いただくことにより、大規模で多数の解析を短期間に実行できるようになります。

また、限られた開発期間の中で多様な設計案を検討したい技術者など、構造解析を活用される部門の方は、世界的にも評価の高いLS-DYNAをオンデマンドでご利用いただくことで、より精度の高いプランを提出することが可能です。

開発ピークに合わせて解析のハードウェアやライセンスを取得すると無駄が生じるとお考えの方には、必要に応じて利用した分だけ支払う、従量制のクラウドサービスをお勧めします。

TCクラウドでは、変動する解析需要に応じて、ライセンス数や計算資源をタイムリーに増減することができ、コストの最適化や、急な解析需要への柔軟な対応が可能になります。さらに、ICTの運用保守などが不要なため、解析業務に専念することができます。

LS-DYNA(クラウド版)活用例

1ノード(20コア)・24時間JOBのLS-DYNA利用例

1ノード(20コア)・24時間JOBのLS-DYNA利用例の図

  • 計算時間:約24時間(24h7m49s)
  • 実行環境:TCクラウドLite(20[core/node]x1[node])
  • 計算モデル:Top Crunch(http://www.topcrunch.org/)よりダウンロードしたcar2carモデル(2,448,597要素)をアレンジしたモデル
  • 要素数:3,672,895要素
  • 現象時間:0.17 秒(5.0E-7秒×339,972ステップ)
  • ソルバー:LS-DYNA(R3.2.1 MPP 単精度版)

サポートについて

TCクラウド上のLS-DYNAは、メンテナンスフリー。いつでも最新の環境を利用可能です。LS-DYNAの解析機能とHPC環境を提供するTCクラウドでは、プラットフォームからアプリケーションまで、システム導入から運用、教育、受託解析に至るまで、富士通の優れた専任スタッフがサポートをワンストップで提供します。LS-DYNAの様々な課題を解決するために、構造解析に精通した専門チームによる「構造解析ヘルプデスク」を用意しています。

LS-DYNAパッケージ製品について

LS-DYNAパッケージ製品をご希望の方は、以下LS-DYNAパッケージ製品のご紹介ページで詳細をご確認ください。

LS-DYNAをすでにご利用でスポット利用されたい方、構造解析にご興味をお持ちの方は、まずはご相談ください。

関連コンテンツ

利用の流れ

利用の流れ

TCクラウドサービスをご利用いただく際の流れをご説明します。

料金体系

料金体系

TCクラウドサービスをご利用いただく際の料金体系をご案内します。

よくあるご質問

よくあるご質問

TCクラウドに関するよくあるご質問についてご紹介します。

TCクラウドに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)