GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ORBITER FORCE 製品概要

ORBITER FORCEの機能

軌道推定

  • 地上局からの観測データ(レンジ・ドップラ・角度)をもとに、人工衛星の位置・速度を推定します。(RARR軌道推定)
  • 衛星に搭載されているGPS受信機から得られた航法解(衛星オンボードの測位結果)をもとに、人工衛星の位置・速度を推定します。(GPSR航法解軌道推定)
  • 初期軌道要素がなく、観測データも充分得られない状況下においても、少数の観測データのみ(レンジと角度)で人工衛星の位置・速度を推定します。本機能を使って、未知物体の概略軌道を推定する事も可能です。(初期軌道推定)

軌道生成

  • 衛星の位置・速度情報から、将来または過去の衛星の軌道暦(時々刻々の位置・速度情報)を作成します。特別摂動法を用いており、種々の摂動を考慮した軌道生成が可能です。(軌道生成)
  • 2Line軌道要素(TLE)を源泉として、軌道暦を作成します。(TLE源泉軌道生成)

軌道暦比較

  • 同一衛星または、異なる衛星の軌道暦を比較し、比較結果をグラフ表示します。

可視情報・アンテナ予報値作成

  • 地上局(アンテナ)からの衛星の見え始め、見え終りの時刻を予報します。
  • また、地上局(アンテナ)から見た衛星の方位角、仰角の時系列情報を予報します。

提供用軌道暦情報作成

  • 軌道生成機能で作成した軌道暦について、ユーザが指定する座標系・表現形式で、テキスト形式出力します。

軌道イベント作成

  • 衛星の地球による食、月による食、昇交点・降交点通過時刻等の衛星イベント情報を作成します。

センサ干渉情報作成

  • 衛星搭載のセンサについて、センサ視野内に太陽または、月が入る時間帯(干渉発生時間帯)を予報します。

平均軌道要素作成

  • 衛星のオンボードにて軌道伝播する際に必要な軌道パラメータを作成します。

TLE作成

  • 接触要素の軌道暦から指定エポックの2Line軌道要素(TLE)を作成します。

天体軌道暦作成

  • 太陽または、月の軌道暦について、指定する座標系・表現形式にて、テキスト出力します。

電波干渉情報作成(注1

  • 地上局から自衛星と通信を行なうにあたり、他衛星との干渉を判定します。干渉判定では、軌道予測における、進行方向誤差の累積を考慮可能です。

(注1):
電波干渉情報作成機能は、コマンドプログラムとしてのご提供となります。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用し
ております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)