GTM-MML4VXJ
Skip to main content

LS-DYNA 製品概要

LS-DYNAの特長

大規模モデルにも対応

  • 大変形、弾塑性、動的接触も短時間で計算
  • 衝突/衝撃、落下、塑性加工、貫通/亀裂/破壊などに対応
  • 計算に必要なメモリや作業ファイルが少なく大規模モデルにも対応
  • MPP、SMPでの並列計算機能により計算速度の向上が可能

トップレベルの機能を豊富に装備

  • 130種類を超える幅広い材料モデル、利用者独自の材料モデルも定義可能
  • 豊富な接触条件やH-adaptive/R-adaptiveのメッシュコントロール
  • 陰解法による構造解析や流体/熱と構造の連成機能も備え幅広いニーズに対応
  • CADや他の構造解析ソフトの入力データとのインターフェース

世界有数の導入実績

  • 衝突/衝撃解析や塑性加工解析の分野で世界有数の導入実績
  • 世界中で実験と比較、検証している信頼性の高いプログラム
  • Inventium PreSys、MSC.Patran、HyperMesh、I-DEASなど、著名なプリポストプロセッサがインターフェースを用意

LS-DYNAの主な機能

解析機能

  • 動的非線形
  • 熱解析
  • 流体/熱/音響などの構造連成問題
  • 接触
  • リアルタイムな音響効果
  • 貫通/亀裂/破壊
  • 流体解析(オイラー、ALE)
  • 準静的現象

材料モデル

  • 弾性、弾塑性、粘弾性、ゴム、フォームラバー、ガラス、コンクリート、繊維など、 80種類を越える金属/非金属材料モデルが用意されています。
  • 利用者が独自に材料則を定義することもできます。

要素ライブラリ

  • 通常の要素の他にバネ、ダンパー、剛体、溶接などさまざまな要素ライブラリも用意されています。

操作性や計算速度を考慮した機能

  • アダプティブ法、サブサイクリング法、リスタート機能などの操作性や計算速度の向上を目指したさまざまな工夫がなされています。

インターフェース

  • Inventium PreSys,MSC. Patran,HyperMesh,I-DEASなど、著名なプリポストプロセッサとのインターフェースが用意されています。
  • CADデータや他の構造解析ソフトの入力データとのインターフェースも用意してい ます。

プリポストプロセッサ

  • 標準でプリポストプロセッサ:LS-PREPOSTが添付されています。

LS-DYNAに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用し
ております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)