GTM-MML4VXJ
Skip to main content

E-Notebook Enterprise 製品概要

E-Notebook Enterpriseの基本機能

情報共有 / 知的財産保護

summary-010

  • 実験のタイトル・日付・実験者・プロジェクト等の必須情報項目
  • 実験の目的・手順・結果・考察などの文章を自由に記載できる機能
  • Microsoft Office文書・各種イメージデータ・測定機器の生データ等も関連付けした記録として保管することでデータの逸散防止
  • 記録内容の統一・質の向上が可能
  • 研究者間で情報共有・活用、重複実験防止等による生産性向上
  • テキストおよび構造式・反応式(反応条件、収率等)などによる検索・閲覧が可能
  • 実施済の実験データを複製、修正・変更することで記録に要する時間の短縮が可能
  • 管理者は、常に最新のデータを直接確認することで正確な進捗および実験状況を把握可能
  • 21CFR Part11に準拠した監査証跡、編集の履歴を完全保存
  • 電子承認
  • 複数の著者と証人のサポート
  • ユーザ/グループ単位で閲覧権限設定
  • 特許申請書類や報告書作成の効率化が可能
  • レポート・報告書作成機能(書式設定可能)
  • 画像、測定機器の生データ等および大容量のデータを関連付けて管理保管することで実験全体のデータ把握を容易にし、また機器データの再解析も可能
  • 日本語サポート
  • Off-lineモードのサポート
  • パトコア社のCRAIS Checker(法規制化合物チェック支援システム) およびCRAIS Reagent(試薬管理システム)との連携

合成モジュール

研究業務の効率化

  • 合成実験の記録を残すために必要な機能を搭載したモジュール
  • 通常合成およびパラレル合成に対応
  • 反応式・構造式検索および項目を指定しての検索、添付したMicrosoft Office文書を含めた全文検索
  • テンプレート・例文による実験記録記入の効率化
  • 試薬データベース(ChemACX)連携
  • 実験項の記述等で日本語入力をサポート
  • 実験項の記述を支援するための原料・生成物・試薬のテーブルと連動したAutoText入力機能。Auto Text機能の例文設定は共有・個人専用として可能
  • 精製時に発生する複数検体の管理(例:1番晶、2番晶、異性体の分離)
  • 関連化合物の合成ルートの全体像の理解や合成ルート立案の効率化
  • ChemDrawおよびISIS/Drawサポート
  • Reaxysとの連携による合理的な合成ルートの探索および参考情報記録等に有効

生物モジュール

研究業務の効率化

  • 生物実験の記録を残すために必要な機能を搭載したモジュール
  • アッセイデータ(in vitro/in vivo)登録機能
  • 測定機器からのデータインポート機能
  • 解析機能(カーブフィッティング)

生物モジュールのキャプチャ画面

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用し
ております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)