GTM-MML4VXJ
Skip to main content

準天頂衛星初号機「みちびき」

準天頂衛星初号機「みちびき」

2010年9月11日、種子島宇宙センター注1から、従来のGPS衛星よりも高精度の測位サービスの実現を目指して、準天頂衛星システムの第1段階である準天頂衛星初号機「みちびき」注2が打ち上げられました。「みちびき」は、GPS補完・補強に関する技術実証・利用実証が行われています。

GPS補完

高仰角にある準天頂衛星をGPSと組み合わせることで、GPSだけでは情報取得が困難であったビルの谷間や山間地などでの位置や時間に関する情報を、より正確に知ることができます。

GPS補強

GPS衛星も含んだ高精度な衛星軌道、時計誤差情報、電離層や対流圏の影響による電波の遅延情報を「みちびき」から放送することで、GPSよりも正確に自分の位置や時間を知ることができます。

測位情報サービスは、携帯電話、カーナビ、交通、輸送、測量、林業、漁業、防犯など、様々な分野で利用されています。しかし、現在のGPS衛星では、山間地やビル影の影響を受け、GPS衛星の可視条件によっては、十分な測位精度が得られない状況が度々発生しています。「みちびき」によって、地理条件に依存せず、より高精度な測位情報が得られれば、利用範囲の拡大により、新たな測位情報サービスの利用が期待されます。

富士通は、「みちびき」の“整備、運用準備・運用”を通じ、高精度な測位情報サービスの実現に向けて取り組んでいます。富士通は、宇宙開発事業への貢献を通じ、安心・安全な社会・くらしの実現を支えています。

整備

  • 準天頂衛星追跡管制システムの整備
    軌道力学系、衛星データ処理系
  • 高精度測位実験システムの整備
    高精度軌道時刻推定、航法メッセージ源泉作成、オフライン評価系

運用準備・運用

  • 追跡管制・軌道力学系に関わる運用検討、運用準備作業
  • 打上げ、初期機能確認、定常の各フェーズでの軌道力学系運用
  • 高精度測位実験システムによる技術実証実験の評価解析作業

The first Quasi-Zenith Satellite, 'MICHIBIKI'
準天頂衛星初号機「みちびき」

注釈

注1 種子島宇宙センター:
種子島宇宙センターは、1969(昭和44)年に旧宇宙開発事業団の発足とともに設立された日本最大のロケット発射場です。

注2 準天頂衛星初号機「みちびき」:
準天頂衛星システム(QZSS:Quasi-Zenith Satellite System)とは、米国のGPSや欧州が開発中のGalileo等に代表される衛星測位システムのひとつです。常に日本の天頂付近に1機の衛星が見えるように、複数の衛星が準天頂軌道と呼ばれる傾斜地球同期軌道を周る衛星測位システムです。

box01_cnr_lt
box01_cnr_rt

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

box01_cnr_lb
box01_cnr_rb