GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ハワイ すばる望遠鏡

ハワイ すばる望遠鏡

富士通は、「観測制御~データ取得・保存管理~データ解析に至る一貫した計算機システム」をコンセプトに、世界最大級(口径8.2m)の大型光学赤外線望遠鏡である、すばる望遠鏡注1の観測制御システムおよび観測データアーカイブシステムを開発しました。

また、ハワイの山頂で取得された観測データを、山麓の観測所と同時に東京の国立天文台三鷹本部へ伝送し、その解析も支えています。

ハワイ山頂、山麓と東京三鷹を結ぶ総合的な観測システム

観測制御システム

望遠鏡の向きなどをリアルタイムでコントロールし、大容量観測データ(1晩約50GB、約1万件)を確実に取得し、観測データアーカイブシステム(ハワイ)に転送する「観測制御システム」を開発しました。望遠鏡のコントロールは、観測者の思考に合致したコマンド(例えば、望遠鏡を何々天体に向けろ!)を実行可能にし、容易かつ正確な操作性を実現しています。

これらは、富士通のPCサーバPRIMERGY、UNIXサーバPRIMEPOWER、ストレージシステムETERNUS等から構成されています。

観測データアーカイブシステム

すばる望遠鏡の多種多様な観測装置から生み出される観測データは最大で1秒当たり20MB程度になります。これらのデータを保管、管理し、利用者の要求に応じて素早く提供するための観測データアーカイブシステムとして、ハワイにあるすばるデータアーカイブソフトウェア(STARS注2)、三鷹にある三鷹データアーカイブソフトウェア(MASTARS注3)を開発しました。

本システムでは、現在約400万ファイルが管理されており、STARSで保存・管理されたデータはMASTARSにも自動転送され、ハワイ‐日本間での冗長化されたシステムを実現しています。

これらは、PCサーバPRIMERGY、UNIXサーバPRIMEPOWER、ストレージシステムETERNUS等から構成されています。

注釈

注1 すばる望遠鏡:
世界最大級となる口径8.2mの一枚鏡を持つ大型光学赤外線望遠鏡で、ハワイ島マウナケア山頂(標高4,205m)にあります。

注2 STARS:
Subaru Telescope data ARchive System

注3 MASTARS:
Mitaka Advanced Subaru Telescope data ARchive System

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用し
ております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)