GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Security Solution FENCEメール誤送信対策サービス

SaaS型サービスで今すぐ簡単安心にメール誤送信対策を実現

イメージ

FENCE メール誤送信対策サービスは、大規模事業者に多くの実績があるオンプレミス型「FENCE-Mail For Gateway」の豊富な誤送信防止機能をそのままに、小規模からでも手軽に利用できるようSaaS型アプリケーションサービスです。このサービスは、「すぐに使える」「高機能なのに低価格」をコンセプトにした本格的なメール誤送信防止サービスです。

概要

FENCE メール誤送信対策サービスは、メール送信時にメールの内容を自動的に監査し、問題ありと判定したメールを自動的に中断または保留します。 問題なしと判定されたメールのみ、メール本文や添付ファイルを自動的にパスワード付き形式に変換します。これにより、簡単・確実にメールからの情報漏えい対策を実現できます。

このようなお客様に最適です

メールの誤送信対策を手軽に実現したい

取引先情報など重要情報の漏えい対策やPCI DSS関連でクレジットカードの会員情報の取り扱いにお困りの方で、既存のメール環境に大きな変更加えることなく、メール監査やメール暗号化機能の運用を手軽に実現したいお客様。

ご利用中のスマートフォン環境やPC環境のセキュリティを強化したい

スマートフォンでのファイルの持ち出しや新規に暗号化ツールを導入せず、USBメモリなどの外部記録媒体を利用し、見積/取引情報、医療データ/CADデータなどの重要情報を社外に持ち出したいお客様。

サービスの特長

今すぐに使えます

  • お客様の既存PC環境をそのままに、送信先を自分自身に設定するだけで、簡単に暗号化ファイルを作成できます。 また、スマートフォン環境で、メールを送信するだけで、簡単に暗号化ファイルを作成できます。
  • お客様の既存メールシステム構成をそのままに、SMTP環境の設定変更だけで導入可能です。

高機能なのに低価格

  • 設定したメール監査ルールに則し、メールの本文や添付ファイル中の機密情報、個人情報関連の語句を自動的に検査可能です。
  • 検出されたルール違反メールを自動的に中断または一旦保留し、承認されたメールだけを送信可能です。
  • メール本文/添付ファイルを自動的に暗号化する為、利用者に負担をかけず確実に対策可能です。

ログレポーティングで対策効果の可視化

暗号化せずに外部にメールを送信していないか、メールが頻繁に保留されたり、承認者(上長など)により頻繁に否決されていないか、クレジットカード会員データなど不適切な情報が含まれていないか、などのメール運用の現状を可視化可能です。

イメージ

サービス内容/価格

基本サービス

サービス名 サービス内容 標準価格
1 初期設定サービス
  • 申請書に記載されたお客様利用者メールアドレスの登録や基本利用サービスの暗号化機能、監査(フィルタ)機能の提供に必要な利用環境の設定を行います。
  • お客様管理者が利用者情報の管理や利用環境の設定をするためのWebシステムを準備します。
【一括費】
100,000円/
メールドメイン
2 基本利用サービス
  • お客様のメールの誤送信対策として、暗号化機能、監査(フィルタ)機能を提供します。
  • お客様管理者が専用Webシステムから利用者情報の管理や利用環境の設定をする管理機能を提供します。
  • お客様管理者向けにメールによるQ&Aサービスを提供します。受付は24時間365日、回答は平日9時から17時です。
【月額費】
2,000円/
10メールアドレス

オプショナルサービス

サービス名 サービス内容 標準価格
3 設定変更支援サービス 申請書に記載された設定変更情報に基づき、利用者情報の登録変更や利用環境の設定変更を、お客様に代わって実施します。 【一括費】
100,000円
4 ログ提供サービス お客様の発信したメールログの分析情報を提供します。 メールアドレス数に関わらず定額です。 【月額費】
50,000円
技術情報誌 FUJITSU 特集 セキュリティ

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)