GTM-MML4VXJ
Skip to main content

節電対策/計画停電対策としてDaaSを活用した在宅勤務環境を短期に構築

イメージ

製造業A社様 導入事例


製造業A社様は、今後の節電や計画停電にそなえ、在宅勤務などの社外環境を早期に構築するとともに、運用システムの効率化とセキュリティ向上に取り組んだ。富士通のDaaS「仮想デスクトップサービス」を利用することで、短期導入が可能になり、社外環境でもオフィスと同様の高セキュアな業務継続が実現した。

[ 2011年7月11日掲載 ]

【導入事例概要】
業種: 製造業
製品: 仮想デスクトップサービス
【課題と効果】
1 節電や計画停電にそなえ、在宅勤務の環境を準備したい イメージ 場所や端末に依存せずいつでもどこでも業務が可能
2 最新PCのOSでは対応しない業務アプリケーションを延命利用したい イメージ 仮想サーバ上にアプリケーション対応OSを導入することで、アプリケーションの継続利用が可能
3 コンプライアンス確保のためセキュリティを強化したい イメージ 業務データは画面転送するため端末の盗難・紛失や、データ不正持ち出しなどの情報漏えいを防止
4 セキュリティパッチの確認などPCの管理業務を軽減したい イメージ メンテナンス対象となるPCを一括管理するため運用管理を省力化

icon-form本事例に関するお問い合わせ

導入サービスイメージ

製造業A社における導入サービスイメージ

導入効果

  • 短期導入。40日でDaaS環境を構築。
  • 万が一在宅勤務や自宅待機となった場合にも、自宅のPCからオフィスと同じ環境で業務継続が可能。
  • 端末にデータを持たせないため、情報漏えいのリスクが激減。
  • 夏に向けた節電対策として、空きフロアローテションや在宅勤務制度の導入の手段となった。

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)