ファーストワンマイル・ラストワンマイルの移動を支えるMaaS(Mobility-as-a-Service)オンデマンド交通サービス

ご紹介動画

自治体向けオンデマンド交通サービス

先進的な情報通信技術を活用し、地域住民のスムーズで安心安全な移動を支援するヒューマンセントリックな利便性の高い地域モビリティを目指します。

移動制約"0"ゼロ社会の実現

SPATIOWLオンデマンド交通サービスは、移動サービス提供者に必要な予約受付、運行管理などの業務を支援する機能をクラウドで一貫して提供するサービスです。
本サービスは、利用者と移動サービス提供者を最適にマッチングし、利用者の利便性や移動サービス提供者の運行効率を向上、また、幹線公共交通との連携や遊休資産を活かし、地域交通資源を最大限に活用します。

交通インフラにとどまらず、生活インフラを支えるサービスへ

移動サービス提供者の効率的な運行を支えながら、鉄道・バス・タクシーなどの公共交通機関や、運転評価、保険などの外部サービスと連携し、「移動のシェアリングエコノミー」を実現します。

本サービスに蓄積されている利用実績データの活用領域を交通以外の分野にも広げ、更なる地域へのお役立ちを図ります。(地域公共交通のクロスセクター効果を追求)

注)地域公共交通のクロスセクター効果:
「地域公共交通の運行に対して行政が負担している財政支出」と「地域公共交通を廃止した時に追加的に必要とする分野別代替費用」というコスト同士を比較するもの。

ビジョン

つながるサービスを追求し、地域エコシステムを構築していく

地域公共交通機関とのつながり:乗換・運行情報の連携

  • 地域内に点在している移動需要に対し、公共交通機関へのスムーズな乗り継ぎを意識した最適な運行計画を作成。
  • 路線バスの時刻表や現在地、デマンド交通の現在地を表示することにより、利用者のスムーズな乗り継ぎを支援。
  • ひとつのサービスで目的地までの最適な交通手段を検索し、予約や決済まで完了できる新たな地域交通システム構築を支援。

商業施設とのつながり:移動需要の喚起・創出と平準化

  • オンデマンド交通サービスで蓄積した利用実績データと当社の技術を活用し、個人の嗜好や状況に応じたインセンティブ(運賃の割引や商業施設のクーポンなど)を提供することで移動需要の喚起・創出を支援。
  • 移動先(施設)でのインセンティブ情報提供により、個人の滞在時間を調整することで、移動需要の平準化や運行車両を向上。

注)画面はイメージです。

医療施設や自治体サービスとのつながり:利便性の高い送迎やクロスセクター効果可視化

  • 電子カルテシステムの予約情報を連携し、診察予約日時に合わせて患者様のご自宅までの送迎を配車。

    注)医療機関向け患者様向けサービス『HOPE LifeMark-コンシェルジュ』と連携予定。

  • オンデマンド交通サービスで蓄積した利用実績データと住民情報ソリューションなどの自治体基幹システムと連携することで、地域公共交通のクロスセクター効果の可視化を支援。

注)画面はイメージです。

導入事例

福島県伊達市様 遊休車両を有効活用した乗合送迎サービス

オンデマンド交通サービスを活用した地域住民助け合いによる遊休車両を利用した乗合送迎サービスに関する導入事例を紹介します。

SPATIOWL に関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ