どうすればAI活用はうまくいくのか?先駆者が語る成功のためのアプローチ

一般企業にとって身近な存在になりつつある人工知能(AI)。だが、どのように活用すべきか、悩んでいる企業もまだ多い。この問いに答えるため行われたのが、「AI活用、どうすればうまくいく?先駆者がお答えします~企画フェーズから人材育成まで~」というパネルディスカッションである。ここではその概要を簡単に紹介したい。これからAIに取り組む企業にとって、何らかのヒントとなれば幸いである。

AI活用のポイントを複数の観点から提示したセッション

ディープラーニングの登場や機械学習の精度向上、これらを利用したクラウドサービスの提供拡大などによって、一般企業にとって身近な存在になってきた人工知能(AI)。だが、AIをどのように自社ビジネスに適用すべきか、悩んでいる担当者も少なくないはずだ。今後デジタルトランスフォーメーションが進んでいけば、社内でAIの導入が必要となるケースは間違いなく増えていくだろう。

このような問いに対するヒントを提示するため、2018年11月20日に開催されたのが「Fujitsu Insight 2018-AI・IoT-」である。東京・紀尾井カンファレンスを会場に、合計10のセッションを展開。数多くの受講者が訪れた。 ここではその中から、「AI活用、どうすればうまくいく?先駆者がお答えします~企画フェーズから人材育成まで~」と題して催されたセッションの概要を紹介したい。

このセッションには、実際に社内問い合わせ窓口へのAI導入を成功させているユーコット・インフォテクノの梅垣陽一室長代理と藤永恵理子 主任、金沢工業大学の松井くにお教授、富士通の永井浩史 部長とAI関連プロジェクトの責任者を務めている浦田敏 シニアマネージャーが、パネリストとして登壇。またモデレーターは、慶應義塾大学の夏野剛特別招聘教授が務めた。

まずセッション冒頭の挨拶で夏野特別招聘教授は「最近の日本ではAI関連の案件は投資が受けやすくなっているため、AIだらけの国になっています」と発言。しかしその多くは本当の意味でのAI活用にはなっておらず、AI以外の技術利用をAIと称する「エセAI」も少なくないと指摘する。「AIでアウトプットを出すには、目的を明確にして適切なアプローチを取る必要があります。しかし実際には微妙な要素が多く、決して簡単ではありません」。

そこで、AIの課題をひと通り整理した上でAI活用を成功させるポイントを抽出したいと述べ、各パネリストへとマイクが渡された。

AI活用で問い合わせ対応時間を50%短縮

パネリストとして最初に話を始めたのは、ユーコット・インフォテクノの梅垣室長代理と藤永主任。同社は、缶コーヒーやレギュラーコーヒーの製造・販売を中心に外食事業やコーヒーマシン事業などを国内外に展開するUCCグループで、ICT全般を担当する企業だ。開発・運用・保守を担うシステムは、現在60種にも上る。それらの利用に関する問い合わせのすべては、同社のサービスデスクが一元管理。「約5000人からの問い合わせを5人のスタッフで対応しています」と藤永主任は説明する。

続きは、こちらからお読みいただけます

どうすればAI活用はうまくいくのか?先駆者が語る成功のためのアプローチ

概要

  • AI活用のポイントを複数の観点から提示したセッション
  • AI活用で問い合わせ対応時間を50%短縮
  • AIの導入は「業務の再定義・再設計」にほかならない
  • AIを「自分ごと」として使うことが求められる人材になる鍵

ページの先頭へ