あの企業はなぜAIをいち早く導入できたのか

「ディープラーニング」といった新技術の成熟により、「第3次ブーム」を巻き起こしているAI(人工知能)。「AIを活かしてビジネスを優位に展開できないか」と多くの企業がしのぎを削っている。だが、現実問題として、ほとんどの企業が社内にはAIに精通した人材がいない。こうした状況下で、競合に先んじてAI活用を成功させるには、どうすればよいのか。解決策を探ってみよう。

「A銀行がAIをコールセンターに導入」「B製作所がAIで保守業務を効率化」「C百貨店が接客にAIを活用」――。様々な業種・業務におけるAI活用のニュースが連日のように新聞紙上を賑わしている。これを目にした経営トップは、「競合より1日でも早く我が社もAIをビジネスに活かせ」と現場に指示を出す。だが、多くの企業にとって、AI導入は初めての経験。AIに精通した人材が社内にいるわけもなく、どこから手を付けて良いのか頭を悩ませているのが実態だろう。

こうした企業に対するAI活用支援の取り組みを本格化しているのが富士通である。同社では2015年11月に「FUJITSUHuman Centric AI Zinrai(ジンライ)(以下、Zinrai)」というブランドを立ち上げ、これまで培ってきたAIに関する知見や技術を体系化し、各種商品・サービスとして提供し始めた。

すぐに使える「学習済みAPI」でAI機能を素早く実装

Zinraiの最大の強みは、顧客企業との共創プロジェクトや社内の導入事例などで蓄積してきた、様々な業種・業務におけるAI活用ノウハウをAPIとしてサービスメニュー化したことだ。ここで言うAPIとは「アプリケーション・プログラミング・インターフェース」の略だが、要はAIにおける各種の機能を実装したプログラムをシステムの「部品」として用意するということだ。APIは、「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(メタアーク)」上で動く「Zinraiプラットフォームサービス」として提供している(図1)。

図1:富士通はAI活用ノウハウをAPI化し「Zinraiプラットフォームサービス」として提供する 図1:富士通はAI活用ノウハウをAPI化し「Zinraiプラットフォームサービス」として提供する

続きは、こちらからお読みいただけます

あの企業はなぜAIをいち早く導入できたのか

概要

  • すぐに使える「学習済みAPI」でAI機能を素早く実装
  • 1,500人のAI専門技術者と2,000人のデジタルフロントSEが分厚く支援
  • AI活用成功のカギは事前のゴールイメージと運用段階

ページの先頭へ