専門分野別意味検索Powered by FRI検索ワードを含まない文書も探せる高度な文書検索

専門分野別意味検索APIは、キーワードや文章の「意味」で文書を検索します。
Zinraiが大量にある文書を構造化し、ある単語(キーワード)や文章と意味の近い文書を検索します。意味の近さで検索するため、キーワードを含まない文書も探すことができます。例えば、専門用語を知らない経験の浅い人でも平易な言葉で専門的な文書を見つけられます。

特長

専門性が高い用語への対応

特許情報等、専門用語を含む検索対象文書を継続的に学習することで、業界・企業独特の単語、新たに追加された用語についても精度高く検索することができます。

専門家の見方で情報検索

全文検索やあいまい検索と異なり、検索キーワードの選定にコツ・ノウハウが不要となり、複数の検索キーワードで、何度も検索する必要がありません。
大量の文書を「専門家の見方」を通して学習させると、経験の浅い人でも専門家の見方で情報を探すことができるようになります。

様々な端末に対応

ZinraiプラットフォームサービスのAPIは、PC、スマートフォン、タブレット、IoTデバイス・エッジなど、REST APIが利用できるすべての端末からご利用いただけます。

活用イメージ

企業内文書検索

事前にZinraiに学習させた大量の企業内文書の中から、意図した文書を探すことができます。意味の近さで検索するため、専門用語で記載されている文書を、専門用語を知らない社員が平易な言葉や自然文で探すことができます。例えば、大学の学生担当窓口での検索では、「留学生のアルバイトの許可」で検索すると「資格外活動許可」について記載された文書を見つけることができます。また、研究開発部門での論文検索では、「エンジン」で検索すると「内燃機関」と書かれた論文も見つけることができます。

特許検索

検索キーワードを入力すると、キーワードと同じ単語ではなく、単語・公開特許間の関連度(=意味の近さ)から、検索結果を表示します。
また、検索して見つかった特許は検索キーワードとの意味の近さが分かるため、類似した公知例を効率的に、短時間で検索することができます。

料金体系

項目単位価格
基本料金※1500,000円
API利用料(検索処理)※2コール10円
API利用料(学習処理)※3コール200円
  • ※1基本料金の他に、各種利用量に応じた従量料金が発生します。
  • ※2検索実行時に、利用量に応じた料金が発生します。
    APIコール数単位で課金されます。
    月1,000コールまでは基本料金の中でご利用いただけます。
  • ※3学習処理完了時に、利用量に応じた料金が発生します。
    APIコール数単位で課金されます。
    月100コールまでは基本料金の中でご利用いただけます。

仕様

Contact Zinraiプラットフォームサービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ