画像解析AIは、専門家しかできない鑑定を自動化できるか?
~事例に学ぶ、教師データ作成の工夫からプロジェクト進行の秘訣まで~

急速な進化を遂げるAI技術を活用しようと、多くの業界で取り組みが進められている。
今回新たなプロジェクトに挑んだのが石油産業だ。国内ではわずか3名の専門家しか対応できない鑑定について、AIによる自動化を目指すという。
長年培った経験と膨大な専門知識を駆使して行う鑑定作業を、AIで自動化することは本当にできるのか……前例のないプロジェクトは試行錯誤の連続だった。
当然ながらAI開発には、AIの知識だけでなく鑑定対象に関する専門知識も欠かせない。
それぞれの知識を突き合わせてはじめて、自動化の道筋が見えるのだ。
異なる専門分野のメンバーが集まり、このハードルをどう乗り越えたのか。プロジェクトの詳細を紹介する。

資料の内容を一部ご紹介

  • AIの精度向上を実現させた意外な方法とは?
  • 膨大な数の顕微鏡写真1枚1枚に手作業でラベル付け?そんな気の遠くなる作業を効率化した工夫とは?
  • 専門分野の異なるメンバーの参画で発生しがちなコミュニケーションの行き違いを起こすことなく、プロジェクトがスムーズに進んだ仕掛けとマインドとは?

詳しくは、こちらからお読みいただけます

Contact FUJITSU Human Centric AI Zinraiに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ