事例1 プロスポーツクラブ川崎フロンターレ

サポーターや地域との
新しいコミュニケーションチャネル

  • Facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
  • pocket
  • メールで共有

問い合わせの自動応答のほか、チームキャラクターとのチャットを導入

プロサッカークラブである川崎フロンターレでは、チームのファンや会員、地域のサポーターとの新たなコミュニケーションチャネルとして、AIチャットボットを採用しました。AIチャットボットによる問い合わせの自動応答を行うほか、ファンや会員からの親近感アップをねらい、公式スマホアプリにおいてチームキャラクター「ふろん太」と会話ができるAIチャットサービスを導入しました。

お客様満足度向上と、チームとファンの親近感醸成を実現

使うほどに機械学習が進み会話の精度が上がるチームキャラクターとのチャット機能は、話題性があり、利用者から様々な反応が見られました。また、利用者から寄せられるチケットの購入やファンクラブ入会に関する問い合わせにきめ細かく対応でき、サービス向上に役立ちました。また、チャットにおいて蓄積されたお客様の生の声を分析することにより、新企画の立案やサービス改善につなげています。

AIチャットボットが蓄積した情報を活用し、さらなる展開へ

利用者とチームとの結びつきや親密感を醸成するツールとして貢献すると同時に、AIチャットボットが収集した情報は、公式スマホアプリなどを使った新企画に活用されます。さらに、アプリ利用者からのフィードバックを問い合わせ対応の高精度化や新サービスの立案に活用。今後はこのようなPDCAサイクルを回すことによって、顧客満足度を高め、より多くの会員やファンの獲得、地域との交流強化に役立てられていく予定です。

お気軽にお問い合わせくださいContact

チャットによるお問い合わせ方法

チャットボットが24時間365日、自動でご質問にお答えします
右下の「富士通 CHORDSHIP チャットセンター」からお問い合わせ下さい
チャットボットがお答えできないご質問は、オペレータがチャットで対応します

受付時間 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

  • チャット内に個人情報を入力されてもご回答はできかねますので、お控えくださいますようお願い申しあげます。
  • チャットの対応ログは取得していませんので、詳細のお問い合わせは再度フォームにご記入いただく場合があります。
  • ご質問いただいてもお役に立てない場合もございますので、ご了承ください。
  • 本サービスは法人向けのサービスとなります。
ページの先頭へ