GTM-MML4VXJ
Skip to main content

SupportDesk マルチベンダーサポート(ハードウェア) サービス内容

富士通以外の他社製品も、コール受付からサポートまでワンストップで対応します。
対象ベンダー、対象装置により、メンテナンスサービス、メンテナンス統括、コール代行の3種類のサービスをご用意しています。

他社製品も富士通製品同様に徹底サポート
メンテナンスサービス

他社製品も富士通製品同様に、富士通サービスエンジニアがワンストップで対応します。
コール受付から修理対応、保守契約まですべてお任せください。

迅速なハードウェアの故障修理 コール窓口の一本化

イメージ

  • お客様システムで不具合が発生した場合、お客様からのお問い合わせを電話・Fax・専用ホームページ(SupportDesk-Web・E-mail)にて富士通OSC注が一括受付し、故障箇所の切り分けを実施します。

    注 富士通OSC : One-stop Solution Center(SupportDeskご契約のお客様専用の総合サポートセンター)

  • トラブル発生時、問い合わせ先を迷うことがなくなり、迅速な問題解決が可能になります。

富士通サービスエンジニアによる高品質な故障修理

イメージ

  • 対象ハードウェアの故障と判断した場合、保守用部品の交換および調整などによる修理を富士通のサービスエンジニアがおこないます。
  • 原則、富士通のサービスエンジニアが修理に対応しますが、お客様のご要望により、各ベンダーによる修理も可能です。

安心のハードウェアの定期点検

イメージ

  • サービスエンジニアが訪問し、お客様のご要望に応じて設定された保守サイクルで定期点検を実施、トラブルの未然防止を図ります。
  • お客様のご要望に応じて、機種ごとに定められた標準点検回数以上の設定が可能です。
定期点検
作業内容
  • 清掃・注油および一般調整
  • 異常有無の点検
  • 保守用部品の交換および動作確認

他社製品の保守契約・コール窓口も富士通にて一本化
メンテナンス統括

富士通が他社製品のコール受付窓口/保守契約の一本化をおこないます。

トラブル発生時は迷わず富士通へ連絡 コール窓口の一本化

イメージ

  • お客様システムで不具合が発生した場合、お客様からのお問い合わせを電話・Fax・専用ホームページ(SupportDesk-Web・E-mail)にて富士通OSCが一括受付します。
  • 故障箇所の切り分けをおこない、富士通OSCから各ベンダーに状況を報告し、修理を依頼します。
  • 富士通OSCの依頼に基づき、各ベンダーで修理対応をおこないます。
  • トラブル発生時、問い合わせ先を迷うことがなくなります。

事務手続きを簡単に 保守契約/支払いの一本化

イメージ

  • 各ベンダーとの保守契約手続きを富士通がおこないます。
  • 複数の他社製品を使用されているお客様は、保守契約/支払いを富士通にまとめることができます。
  • いくつにもまたがる事務手続きが簡素化されます。

他社製品のコール窓口も富士通が対応
コール代行

トラブル発生時には、富士通が他社製品のコール窓口代行をおこないます。

トラブル発生時は迷わず富士通へ連絡 コール窓口の一本化

イメージ

  • お客様からのコールを富士通OSC注が一括で受け付け、各ベンダーへの連絡を代行します。
  • 故障・トラブル発生時、複数の窓口へ連絡する手間が削減できます。
  • トラブル発生時、問い合わせ先を迷うことがなくなります。
  • 既存システムの保守契約を各ベンダーとで締結されている場合でも、富士通がお客様システムの運用負荷を軽減します。

カタログ・資料ダウンロード

SupportDeskの製品カタログやパンフレットをダウンロードしてご覧いただけます。(登録不要)

ダウンロードはこちら

今すぐSupportDesk-Webを体験!

実際のWeb画面を見ながら、お客様専用ホームページの機能をお試しいただけます。(登録不要/インストール不要)

ご利用案内・体験ページはこちら

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)