GTM-MML4VXJ
Skip to main content

サービス内容

SupportDesk Option PC マスタリカバリー サービス内容

お客様に代わりマスタデータを富士通が管理。トラブル発生時には、お預かりしたマスタデータをインストール済みのHDD/SSDと交換することにより、OSやアプリケーションなどのお客様環境をスピーディーに復旧します。

マスタデータをお客様に代わり登録・保管・管理

イメージ

安心のマスタデータ保管・管理体制

  • お客様作成のマスタイメージがインストールされた本体機器をお預かりし、富士通OSダウンロードセンターにてマスタデータを登録します。登録後、本体機器はお客様へご返却します。
  • 契約期間中、マスタデータを富士通OSダウンロードセンターにて保管します。
  • ご要望に応じ、年1回までマスタデータの更新を行います。

トラブル発生時、早急な業務再開をサポート
お客様自身によるOSとアプリケーションの再インストール作業が不要

業務再開までの時間を短縮し、ビジネスの損失を最小限に抑えます。

アプリインストール済み交換ディスクを使用

イメージ

保守交換するHDD/SSDにはお客様アプリケーションまで事前にコピーされているため、お客様サイトでの再インストール作業が不要になります。

ネットワーク環境の再設定

イメージ

サービスエンジニア訪問時に以下の情報をご提供いただくことで、以下ネットワーク環境の再設定を実施します。(注1)

設定項目
  • コンピュータ名
  • ネットワーク設定(IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイ、DNSサーバなど)

(注1)SupportDesk基本契約が引取修理の場合、設定作業はお客様作業となります。

サービスご利用にあたっての前提条件

イメージ

サービスの実施にはSupportDesk基本サービスを契約されていることが前提となります。

・ SupportDesk Standard(月額払い)
・ SupportDeskパック Standard(注2)

(注2)引取修理サービスも対象となります。

SupportDesk Option PC OSリカバリー サービス内容

・ 障害時、HDD/SSDの保守交換が必要となった際、HDD/SSDに工場出荷状態のOSをプレインストール(注3)し、出庫します。
・ マスタデータはお客様の機器に応じて富士通にて準備をいたします。お客様でのマスタデータの保管・管理は不要です。事前準備において面倒な作業はございません。
なお、本サービスは引取修理にも対応します。

(注3)保守交換後のHDD/SSDは工場出荷状態のOSがプレインストールされた状態です。
業務アプリケーションを始めとする各種設定は、お客様作業となります。

徹底した故障HDD/SSD内データの情報漏えい対策

イメージ

富士通では交換したHDD/SSDからお客様の情報が漏えいしないよう、日ごろよりさまざまな対策を講じて情報漏えいリスクに備えています。

  • 業務委託先との機密保持契約
    保守部品を取り扱うすべての保守・修理業務委託先、物流業者、製造元、廃棄業者との間で機密保持契約を締結しています。
  • 工場におけるHDD/SSDの消去
    交換したHDD/SSDは当社工場へ集め、定められた消去プロセスにより、全領域に無意味なデータの上書を実施します。データの復元が不可能な状態とし、含まれるデータを消去します。


関連サービス


カタログ・資料ダウンロード

SupportDeskの製品カタログやパンフレットをダウンロードしてご覧いただけます。(登録不要)

ダウンロードはこちら

今すぐSupportDesk-Webを体験!

実際のWeb画面を見ながら、お客様専用ホームページの機能をお試しいただけます。(登録不要/インストール不要)

ご利用案内・体験ページはこちら

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)