GTM-MML4VXJ
Skip to main content

定期レポーティング(設置環境状況レポート) サービス内容

ネットワークに接続されたサーバ・パソコンなどのハードウェア製品に対し、富士通独自開発のサポートツールを用いて24時間365日の電気使用量などを収集し、富士通サービスエンジニアが定期的な報告を行います。

これにより、お客様のITリソースの効率的な活用をご支援いたします。

サービスの特長

イメージ

4つの設置環境状況レポート

富士通サービスエンジニアがご報告する装置の稼働情報をもとに、夜間・昼休み等の電源切り忘れの記録、稼働装置の電気使用量/CO2排出量をご確認頂くことで、省エネ活動の推進にお役立て頂けます。

イメージ

報告書の作成

富士通サービスエンジニアががお客様のネットワーク環境に接続されているハードウェアの電力使用量、電源ON/OFF状況を収集・分析し、3ヶ月に1回、報告書にまとめてご報告します。
報告書では、電力使用状況や温湿度状況、プリンタ装置使用状況などを確認することができ、お客様の環境対策にお役立て頂けます。

導入のメリット

ネットワークの範囲内に接続された装置の電気使用量などを把握できます。

イメージ

  • SupportDesk Standardに「インフラ稼働状況レポート」をプラスしてご利用頂くことにより、ハードウェアの稼働状況の把握、装置の棚卸や最適配置に役立てることができます。
  • ハードウェアの稼働率、台数増減の把握や資産情報(ホスト名、OS、MAC等アドレス)を確認することで、ハードウェアの最適配置や棚卸、資産状況の管理ができます。
  • 低コストで資産管理を実現でき、システム運用管理者の負荷軽減をすることができます。

サービスご利用にあたっての前提条件

イメージ

  • SupportDesk Standardをご契約されている富士通製サーバ/パソコン/ネットワーク機器/プリンタが対象です。
  • 本サービスの対象となる富士通以外の製品については、弊社担当営業または販売パートナーまでお問い合わせください。

関連サービス


カタログ・資料ダウンロード

SupportDeskの製品カタログやパンフレットをダウンロードしてご覧いただけます。(登録不要)

ダウンロードはこちら

今すぐSupportDesk-Webを体験!

実際のWeb画面を見ながら、お客様専用ホームページの機能をお試しいただけます。(登録不要/インストール不要)

ご利用案内・体験ページはこちら

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)