GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Managed Infrastructure Service
FENICSビジネスVPNサービス
特長 コンフィグ管理機能(リモートルータインストール機能)

コンフィグ管理機能とは

コンフィグ管理機能はネットワークSEのルータスタートアップ、コンフィグの運用管理を支援する機能です。
コンフィグ管理サーバにコンフィグをアップロードし、ルータのリセットボタン押下(長押)を契機に自動でコンフィグをダウンロード反映することでスタートアップの自動化を図るリモートルータインストール機能により、ネットワーク構築の作業の効率化が図れます。

(注1)コンフィグ管理機能は、 Si-RシリーズとFENICSのコンフィグ管理サーバの連携(プロダクト&サービス)により、スタートアップ支援を含むルータ設定情報の運用管理を支援する、富士通独自の機能です。

ご相談・お問い合せはこちら

メリット・特長

運送の無駄を省き、サービスの提供がいっそうスピーディーに

従来はコンフィグの設定のために工場から一度SE事務所にルータを送り、設定終了後にSE事務所からお客様拠点にルータを送るという二重の手間をかけていましたが、リモートルータインストール機能により、工場からお客様拠点へ直接運送することが可能となり、サービスの提供がいっそうスピーディーになりました。

リモートルータインストール機能の使用イメージ

リモートルータインストール機能の提供イメージ

設定手順

  1. ネットワーク設計に基づくコンフィグを作成。(ネットワークSE)
  2. 現地導入Si-RルータのシリアルNO.をネットワークSEに連絡。(現地CE→ネットワークSE)
  3. コンフィグをコンフィグ管理サーバにアップロードし、設定先ルータのシリアルナンバーを入力する。(ネットワークSE)
  4. Si-Rルータのリセットボタンを長押する。(現地CE)
  5. コンフィグ管理サーバより現地Si-Rルータ用のコンフィグを自動でインストール(設定)する。

コンフィグ管理機能・サービス内容

「コンフィグ管理機能」はネットワークSE(お客様自社構築含む)のルータスタートアップ、運用管理を支援する機能です。

提供機能 内容
スタートアップ支援 リモートルータインストール機能 「コンフィグ管理サーバ」へコンフィグをアップロードおよび反映先ルータのシリアルNo.を入力し、ルータのリセットボタン押下(長押)することで、自動でコンフィグをダウンロード反映するスタートアップの自動化機能
情報管理 ルータ情報管理機能 FENICS接続ID、ルータ機種,ファームVer等の情報を一覧で表示・管理する機能
コンフィグ収集機能 拠点に設置されているSi-Rルータのコンフィグを収集する機能
コンフィグ世代管理機能 お客様拠点毎(FENICS接続ID毎)に最大3世代のコンフィグを保存し管理する機能
コンフィグ作成支援 直接編集機能 「コンフィグ管理サーバ」に保存されたコンフィグをWeb画面上で直接編集する機能
運用管理 コンフィグ反映機能 直接編集機能により「コンフィグ管理サーバ」に保存されたコンフィグを拠点設置ルータへ反映する機能
状態参照機能 障害解析やルータ状態参照のコマンドを実行、参照する機能
(ping,traceroute、show_ip_route、show_logging_syslog等)

(注1)提供機能は変更となる場合がございます。最新の提供機能は「サービス詳細説明書」を必ず参照ください。
(注2)「コンフィグ管理機能」の利用者マニュアル(「カスタマーWebご利用マニュアル」)を参照ください。

提供条件

  • コンフィグ管理機能の提供にはFENICSビジネスVPNサービスの契約が必須となります。
  • フレッツ回線のみのご提供となります。
  • 本機能対応機種(Si-Rシリーズ)についてはお問い合わせください。

環境配慮ソリューション

富士通グループは、グリーンITによりお客様・社会の環境負荷低減に貢献します。
「環境配慮ソリューション」は、「全員参加型環境活動」の一環として、「環境貢献ソリューション」の考え方に基づいて2007年度から、開始した登録制度で、「ITソリューションの環境に対する影響」を定性的に評価しています。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)