GTM-MML4VXJ
Skip to main content

適切なデータ消去とは

パソコン、サーバ等 を使用していた状態のまま廃棄・譲渡すると、記憶媒体のデータを第三者に読み取られ、予期しない用途に利用される恐れがあります。機密情報や重要なデータの流出を防ぐためには、廃棄・譲渡する際に、記憶媒体のすべてのデータを消去することが必要となります。
例えば、ハードディスクを初期化(フォーマット)したり、OS上からファイルを削除する操作をしただけでは、ただ単にOS上でそれらのデータを呼び出す処理が出来なくなっただけあり、悪意を持った第三者によってデータが復元される恐れがあります。
「データ消去サービス」ご利用により、確実なデータ消去を行うことでお客様の大切な情報が外部に流出することを未然に防止します。

データの仕組み

データを“本”に例えると、2つの領域から成り立っています。
  • 目次:データを管理する「管理領域」
  • 本文:データ本体である「データ領域」
データは、「目次」と「本文」のリンクにより読めるようになっています。

account-img01.gif

適切なデータ消去とは?

OS標準の削除機能による消去やハードディスクの初期化の場合

目次を破り、リンクが切れるのみで本文はそのまま残るため、リンクをつなぎさえすれば本は読めてしまう。

→データの復元が可能

account-img02.gif

専用ソフトウェアによる消去の場合【データ消去サービス(ソフト消去方式)ご利用の場合】

目次を破った上に、本文全ページを墨で塗りつぶすため、本は読めない。

→データの復元が不可能

適切なデータ消去

account-img03.gif

「データ消去サービス」では、ソフト消去方式のほか、消去対象ハードディスクなどに対し、強い磁場(1.3テスラ以上) を照射することにより媒体上のデータを破壊する「ハード消去方式」もあります。

サービス内容詳細・価格はこちら

関連情報

法人のお客様向け関連情報

個人のお客様向け関連情報

 特長・メリット |  サービス内容詳細・価格 |  適切なデータ消去とは 

icon-check.gif 新しいシステムの構築や導入作業もお願いしたい

icon-check.gif 使用済み機器の廃棄まで対応してほしい

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)