GTM-MML4VXJ
Skip to main content

明石データセンター特長 〔堅牢性〕

ロケーション - Location -

大規模地震などへの備えとしても最適な立地条件に建設されているデータセンターです。

location-map.jpg
  1. 地盤
    建設に当たっては、敷地内のボーリング調査をおこない、安定した粘土層であることを確認したうえで、建物基礎の建設をおこなっており、液状化現象による被害の心配はありません。
  2. 津波
    津波被害におきましては、南海プレートで発生する巨大地震を想定したハザードマップの「津波警戒範囲外」であり、また、標高約20mの位置にある為、津波による被害の心配はありません。
  3. 洪水
    床上げを実施しており、浸水の心配はありません。
  4. 活断層からの距離
    最寄りの活断層より15Kmほど離れており、今後30年間で震度6強以上の揺れにみまわれる確率は極めて低いと考えられます。
  5. その他
    最寄りの原子力発電所から100Km以上離れています。

また、災害リスクの少ない地域でありながら、アクセス性も確保されたデータセンターです。

location-access.jpg

ストラクチャー - Structure -

富士通が持つ豊富なデータセンターノウハウを集約し、安全性・信頼性・効率性を兼ね備えた最新鋭データセンター。

  • 建物免震により、建物及び付帯設備を保護。
  • 高仕様ファシリティにより、サーバの高集積搭載を実現。
  • 最新技術を適用したファシリティにより、お客様の事業継続に貢献。
akashi-facility.jpg

structure-rubber.jpg

高減衰積層ゴム
免震アイソレータ

structure-slide.jpg

弾性すべり支承

structure-marking.jpg

けがき変位計

明石データセンター 免震棟

高集積で効率的なスペース利用が可能

高密度電力供給、高耐荷重を実現。
ブレードサーバ(注1)を1ラック最大3シャーシ搭載可能。

structure-center.jpg

(注1)当社ブレードサーバPRIMERGY BX900
(注2)機器のカタログ値(最大値)

災害対策(ディザスタリカバリ) - Disaster Recovery -

免震設備による地震対策や新ガス消火設備による火災対策、変電所からの2系統受電による停電対策など高信頼設備の設置や冗長化などにより万全の災害対策を施しています。

火災対策

  • 超高感度煙検知システム設置
  • 新ガス消火設備設置

停電対策

  • UPS設備設置(冗長化構成)
  • 自家発電設備設置(冗長化構成)

漏水対策

  • 配管ルート分離、建屋内冷却水配管、室内局所空調用冷媒配管
  • 漏水検知器設置、防水堤設置

【カタログ(PDF版)ダウンロード】

事業継続対策を強化するなら データセンター移設ソリューション 詳しくはこちら 事業継続対策を強化するなら データセンター移設ソリューション 詳しくはこちら

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)