デザイン思考コース 実務者向け

新たなビジネスを共創するイノベーター

デザイン思考コースでは、様々な業界のリーダーたちとの実践、富士通の先端技術とデザイナーのデザインノウハウによって、社会や人を中心に考えるオープンなイノベーションのためのリーダーシップやイントレプレナーシップを育みます。

コース概要

「イノベーションをデザインするためには、どのような思考が求められるのか」スタンフォード大学d.schoolに代表される世界中のビジネスパーソンが学んでいる最先端のイノベーションのための思考法を学びます。国内や企業内に閉じていては、新しい価値を創出することはもはやできません。また、企業内に閉じた発想や人材ではなく、グローバル社会の中で生き抜くためには、より大胆でオープンな人材が必要とされてきています。より社会を良くするためのオープンイノベーションを実現するために欠かせないマインドや思考・視点を様々な業界のリーダーたちとの実践、富士通の先端技術とデザイナーのデザインノウハウによって、社会や人を中心に考えるオープンなイノベーションのためのリーダーシップやイントレプレナーシップ(社内企業家精神)を育みます。

対象者

自組織において、業務改革または新規ビジネス創出の推進が求められる方

開催概要

  • 定員
    1クラスあたり 24名(最低開催人数 1クラス 10名)
  • 受講日数
    22日間
  • 開催場所
    富士通ラーニングメディアCO☆PIT、HAB-YUを中心に、東京近郊会場を予定

目指す人材像

  1. デザイン思考×ビジネス企画力
    デザイン思考(注)とそれを活用したビジネス企画力を身に付けることにより、ICTを活用した新規ビジネスの創出やその支援ができる。
    • (注)
      デザイナーがデザインを行う際に用いる考え方や手法、プロセスを、ビジネスに利用できるように体系化したもの
  2. Digital Co-creation人材
    自社のデジタル戦略に基づき、未来に向けたシナリオ作成、課題の発見と設定、アイデア検討、仮説検証(PoC)、事業運営(PoB)を最新のテクノロジーとデザイン思考を基礎とした共創手法を活用し、推進するプロフェッショナルな人材となる

到達目標

  • デザイン思考の方法論を学び、実践する

  • ビジネス創出における各種手法を学び、実践する

  • ICT関連の技術動向に触れ、ビジネス企画の創発力を養う

学習のポイントと流れ

POINT徹底的に実践・反復し、自分なりのアプローチを身に付けます

  1. フェーズ1Basic(Creative)
    デザイン思考を体感する
    デザイン思考とは何かを学びます。~4日目
    • 講演
      『なぜデザイン思考なのか、デザイン思考とは何か』(仮)(山崎氏)
      『デザインと革新~デザインの文法を体感する~』(仮)(太刀川氏)
      『0から1へのアプローチ』(仮)(加藤氏)
    • トピック
      デザイン思考体験、富士通の実践事例、 ワークショップデザイン、ファシリテーション、フィールドワーク、アイデア作り、プロトタイピング
  2. フェーズ2Project I(Method)
    デジタルビジネス(サービス)をプロトタイプする
    テクノロジー(FinTech、HealthCareTechなど)をテーマとしたビジネスのデザイン課題を通して、デザイン思考を適用する能力を高めます。受講者同士のチーミングにより、グループで課題に取り組みます。~11日目
    • 講演
      『デジタルテクノロジートレンドとイノベーション』(仮)(西村氏)
      『課題発見・検証技法とフィールドへのアプローチ』(仮)(原口氏)
    • トピック
      ビジネス創出に向けたプロセスデザイン、仮説立案、フィールドワーク、インタビュー、インサイト抽出、アイデア作り、プロトタイピング、検証、プレゼンテーション、フィードバック、活動の振り返り

    本フェーズでは、フィールドワークや現地ベンチャー企業などとの交流を目的とした、遠地(福岡を予定)でのプロジェクトワークを行います。

  3. フェーズ3Project II(My Project)
    SDG's × 自社をテーマとして、デザイン思考を用いてビジネスデザインを行う
    アントレプレナーとイントレプレナーによる講演と講演者とのディスカッションを行います。12日目
    • 講演
      『私の創業への思い』アントレプレナー × イントレプレナー(仮)(古田氏、花井氏、岡部氏)
    シナリオプランニングを学びます。13日目
    • 講演
      『シナリオプランニングとデザイン思考 』(仮)(新井氏)
    参加者の自社テーマに対して、デザイン思考を用いてビジネスデザインを行います。~22日目
    • トピック
      テーマ選定、プロジェクト発足、シナリオプランニング、課題検討、仮説立案、机上調査、アイデア検討、 実地調査、フィールドワーク、インタビュー、仮説検証、プロトタイピング、検証、改良、事業企画、プレゼンテーション、事業提案、全体振り返り

【講義時間】9:00~17:30
本資料は、2018年4月23日(月)時点での情報です。内容・日程・登壇者は変更になる場合があります。

コース監修、講師および講演者

コース監修

山崎 和彦

千葉工業大学
先進工学部知能メディア工学科教授 工学研究科デザイン科学専攻教授

講師および講演者

太刀川 英輔

NOSIGNER 代表
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント科 特別招聘准教授

加藤 大直

株式会社MagnaRecta Co-founder
RepRap Community Japan 代表

高嶋 大介

富士通株式会社 ブランド・デザイン戦略統括部 チーフデザイナー
富士通総研 実践知研究センター 研究員

西村 真里子

株式会社HEART CATCH代表取締役 プロデューサー

谷口 靖太郎

Takram
Lead Designer / Engineer

原口 唯

株式会社YOUI 代表取締役社長

古田 奎輔

株式会社Payke 代表取締役CEO

花井 亜由子

eiicon founder

岡部 顕宏

ノバルス株式会社 代表取締役

木内 文昭

株式会社マクアケ 取締役

新井 宏征

株式会社スタイリッシュ・アイデア 代表取締役社長
一般社団法人シナリオプランナー協会 代表理事

紺野 登

多摩大学大学院 教授
KIRO(Knowledge Innovation Research Office) 代表

城能 雅也

株式会社富士通ラーニングメディア

FUJITSU Digital Business Collegeに関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ