製造工場と物流の現場に適応したサービス診断・改革計画の策定支援サービス

改革のゴールに向けて、現状把握からやるべきことを設定

製造工場や物流の現場では、コストダウン、品質向上、効率化、働き方改革、そしてDXと、課題は多く複雑化しています。
どう解決していけば良いか悩まれている改革を担うリーダーへ。
私たちFUJITSUの経験豊富なフィールド・イノベータが、今やるべきことを一緒に考え、お客様の課題解決をサポートします。

策定支援サービスの進め方

現状の客観的な診断結果とありたい姿を基に、実行すべき施策を見出し、改革工程表の作成までをサポートします。

現状診断
FIerの豊富な経験に基づいた独自の診断ツールを活用し、現状を把握します。
診断ツールの適用可能な領域については下記をご覧ください。
目標レベル設定
関係者が集まり、診断結果により現状認識を合わせた上で、中長期的に目指す「ありたい姿」を検討します。
改革計画策定
ありたい姿からバックキャスティングで「今取り組む目標」を設定し、現状課題・施策を体系的に整理し、改革工程表を作成します。

診断ツールの適用領域

製造工場、食品工場、物流業務について、1000を超える現場改革で培ってきたノウハウ・知見で診断します。

製造工場診断

  • ものの流れに着目して製造現場の実態を把握する診断手法です
  • 17カテゴリ、120項目について6段階に定量化し、「強み」「弱み」を客観的な視点で評価します

【適用実績】

  • 電気機器製造工場
  • 半導体部品製造工場
  • 自動車部品製造工場
  • 建築機械製造工場 他

食品工場診断

  • これまでの食品工場の改善経験から、よく見られる弱点である情報収集・管理に着目して診断します
  • 人が介在する重要管理ポイント16項目について6段階に定量化し、 「強み」「弱み」を客観的な視点で評価します

物流業務診断

  • 受発注、入出荷、在庫管理、配送管理など物流の基本業務の実態を把握する診断手法です
  • 13項目について6段階に定量化し、他社と比較することで「強み」「弱み」を客観的に評価します

実施内容とアウトプットイメージ、事例をご紹介します。
ご覧になるにはフォームからの登録が必要となります。

フィールド・イノベーションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
ページの先頭へ