gig5-mobile-suite.css

MobileSUITE®により既存システムのスマートフォン対応を実現、
すべての作業が現場で完結する"人中心"の仕組みを構築

富士通は、製品をご購入いただいたお客様に対し、24時間365日対応のお客様サポートを提供しています。そのサポート業務を支えているシステムが「富士通eSUPPORTシステム」です。トラブルが起きると、お客様先にカスタマー・エンジニアが伺って点検・修理しますが、つねに複数のデバイスを携帯し、事前準備と作業終了後の報告を必ず事務所で行う必要がありました。そこで、モバイル活用基盤「MobileSUITE®」を導入し、スマートフォンだけで現場の作業を完結できる仕組みを構築。カスタマー・エンジニアのワークスタイル変革と生産性の向上を実現しました。

[2016年10月12日掲載]

富士通株式会社のロゴの写真

株式会社富士通エフサス
システムサポート本部
サポート技術開発統括部長 兼 サポート基盤開発部長
伊藤 昌彦 氏のコメント

従来の"モノ中心"の仕組みから、スマートフォンを活用し、現場ですべての作業が完結できる"人中心"の仕組みに変革する必要がありました。それには、既存のシステムにあまり手を加えることなくモバイル対応が可能で、高いセキュリティを実現できるMobileSUITE®が不可欠でした。

株式会社富士通エフサス 伊藤 昌彦 氏の写真

導入前の課題
  1. お客様先での保守作業に、保守用ノートパソコンと携帯電話などの複数のデバイスを持っていく必要があった。
  2. 保守作業1件ごとに事務所での事前準備と作業終了後の報告が必要だったため、現場と事務所を何度も行き来する必要があった。
  3. 現場の保守作業に時間をとられ、それ以外の業務まで手が回らなかった。
導入による効果
  1. 保守用ノートパソコンと携帯電話の機能をスマートフォンに統合し、持ち歩くデバイスを削減。
  2. 必要なマニュアルや資料を現場でダウンロード可能になり、作業終了後の報告も現場で可能になったので、事務所と現場の往復を省略。
  3. 保守作業にかける時間を短縮できたことで、お客様への提案などの新たな業務も可能になった。
ページの先頭へ