GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ECM/文書管理 >
  4. 「e-文書法対応への道!」紙文書電子化・活用、ペーパーレスセミナー

「e-文書法対応への道!」紙文書電子化・活用、ペーパーレスセミナー
~ 第13回 富士通ECM/文書管理ソリューションセミナー ~

昨年度の税制改正では、電子帳簿保存法の要件が10年ぶりに緩和され、紙面での保管が必須であった3万円以上の領収書、契約書などの電子化保存が可能となり、業務効率改善の大きな機会が訪れました。

そして今年度、スマートフォンなどのカメラを使って領収書などを電子化することも可能となります。最新の国税当局のアナウンスを含め、今年度の追加緩和で何が変わるのか、どう備えるべきか、また紙文書の電子化によって何がもたらされるかを電子帳簿保存法に精通したエキスパートを講師に迎え解説します。またどのようにe-文書法対応を進めていくべきか、実際の導入プロセスをご紹介します。

さらに、6月8日に発表した「コンテンツマネジメント・プラットフォームBox」の採用についてもご紹介します。

(注)同業他社様からのお申込みはお断りさせて頂いておりますのでご了承下さい。

本セミナーのお申し込み受付は終了しました

開催概要
開催日時 2016年7月22日 金曜日 10時~12時(受付時間:9時30分~)
2016年8月4日 木曜日 10時~12時(受付時間:9時30分~)
会場 FUJITSU Digital Transformation Center(受付:30階) [地図
(旧称:富士通トラステッド・クラウド・スクエア)
定員 40名様(申込多数の場合、抽選でのご案内となります)
受講料 無料
受講をお勧めする方 電子帳簿保存法の要件緩和対応にご興味のある経理・総務部門のマネージャークラス、ご担当者または膨大な紙文書の取扱いにお困りの企業の総務・情報システム部門のマネージャークラス・ご担当者
主催 富士通株式会社
カリキュラム

時間 内容 / 講師
1 10時00分~10時10分

開会のご挨拶

富士通株式会社
統合商品戦略本部 ビジネスアプリケーション推進統括部
グローバルコミュニケーションビジネス部

2 10時10分~10時50分

e-文書法の最新動向と紙文書電子化の意義

株式会社富士通総研
第一コンサルティング本部
シニアマネジングコンサルタント 小林 潔 氏

3 10時50分~11時20分

改正e-文書法対応のススメ方
~ステップごとに無理なくわかるシステム導入のプロセス~

株式会社PFU
国内営業統括部 ドキュメントビジネス推進部
JIIMA認定 文書情報マネージャー 永杉 嘉昭 氏

4 11時20分~11時45分

富士通からのお知らせ
(コンテンツマネジメント・プラットフォーム「Box」の採用)

他のお知らせ・アンケート記入・質疑応答・名刺交換

セミナーのプログラムは変更になる場合があります。予めご了承ください。

ECM/文書管理に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)