GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ECM/文書管理 >
  4. e-文書法(電子帳簿保存法)対応ソリューション

e-文書法(電子帳簿保存法)対応ソリューション

e-文書法(電子帳簿保存法)の要件緩和に対応した富士通の取り組みのご紹介

富士通は、あらゆる文書管理のコンサルティングから、スキャナ保存を含むe-文書対応のソリューション提供・システム運用まで、トータルに対応します。

富士通のe-文書法への取り組みのご紹介 e-文書法(電子帳簿保存法)の要求画質に対応したイメージスキャナ

e-文書法対応ソリューション e-文書法を「より深く知る」ためのコラム

富士通のe-文書法(電子帳簿保存法)への取組みのご紹介:
多彩なコンサルティングとソリューション

多彩なコンサルティングとソリューション

(1)富士通のECM(エンタープライズコンテンツ管理) コンサルティング

企業内の文書・情報全般の管理を専門とする担当者がコンサルティング。
文書管理に関するお客様の課題の分析や改善提案、文書管理の規程・規約の策定、文書管理を切り口とした業務プロセス改革を、ワークショップなどを通じて支援します。

(2)e-文書対応プロセスの見直し支援 ~すでにe-文書対応済みの企業を対象~

今回の要件緩和では、すでに契約書や領収書のスキャナ保存を行っている企業においても、内部統制などの整備が求められています。
最新の要件解釈に基づいた適合性評価を既存の全システムを横断して行い、加えて社内規程の整備・見直しをするなど国税庁への申請手続きを支援します。

(3)e-文書対応システムの導入を支援 ~はじめて取り組む企業を対象~

e-文書対応システムの導入に二の足を踏んでいた企業においては、文書管理の現状調査・分析からコンサルティングを開始。
システム要件定義、業務設計から国税庁への申請手続き支援までをe-文書対応コンサルティングとして提供します。

(4)システムの全体から部分的相談まで自在なコンサルティングで対応します

承認申請のための様々な業務において、ご要望にあわせて必要なプロセスのみ支援することも可能です。さらに、e-文書対応以前の文書管理の調査・分析だけでもコンサルティングに応じ、コスト削減や将来のペーパーレス化を目指す取り組みもサポートします。

「e-文書法(電子帳簿保存法)」の要求画質に対応した豊富なラインナップのイメージスキャナ

契約書や領収書などの重要文書の電子化で必要なのがイメージスキャナ。富士通は、世界シェアNo.1の業務用イメージスキャナをfiシリーズとしてラインナップ。個人ユースで有名なScanSnapシリーズとともに、20年にわたって培った技術力により、e-文書法の要求する画質にも対応済。重要書類の電子化にも安心な高品質イメージスキャナを提供しています。

イメージスキャナ:左より、集中入力に適したfi-6800、コンパクトなfi-7180、バッテリー搭載のix100 図3 イメージスキャナ
左より、集中入力に適したfi-6800、コンパクトなfi-7180、バッテリー搭載のix100

e-文書対応ソリューション

e-文書法対応イメージスキャナ(株式会社PFU)

2015年9月30日のe-文書法の要件緩和に合わせて、業務用イメージスキャナ「fi シリーズ」とパーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」に、e-文書法に定められた画質の条件を満たすイメージデータを簡単に生成できるスキャン機能を搭載しています。

e-文書サービス(株式会社PFU)

PFU社の業務実践で得たノウハウを凝縮した改正e-文書法対応のソリューションをご提供するサービスです。「e-文書キャプチャ」、「タイムスタンプサーバ」、「e-文書イメージファイリングシステム」を組み合わせることで、様々な利用シーンに適用でき、お客様のご要件に柔軟に対応いたします。

e-文書法(電子帳簿保存法)関連コラム

e-文書法(電子帳簿保存法)改正の概要や、文書のスキャナ保存の要件、紙文書を電子化することの意義について、株式会社富士通総研 シニアマネジングコンサルタント 小林 潔が解説します。

e-文書法(電子帳簿保存法)関連コラム一覧

ECM/文書管理に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)