GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ECM/文書管理 >
  4. ECM導入コンサルティング

ECM導入コンサルティング

ECM導入時の効果最大化を目指し、運用面・制度面からご支援するコンサルティングサービス

ECMの導入や、紙文書を電子化して格納するだけでは企業活動において十分に情報を活用・管理することはできません。企業の情報管理における「基礎ルールの整備」、電子帳簿保存法(e-文書法)などの法制度対応や業務プロセス改善を支援する「業務改善、紙文書の削減」、グローバル展開におけるリスクを低減する情報管理基盤の実現を支援する「グローバル対応」、企業内情報管理におけるセキュリティリスク軽減に向けた「セキュリティ強化」の4つの観点から支援するサービスメニューをご紹介します。

基礎ルールの整備

FUJITSU ビジネスコンサルティング
ECMポリシー・ルール策定サービス

課題:「紙」文書主流の時代に作成した文書管理規程が、実態に即さず、形骸化していませんか?

コンテンツないし情報を管理するための基礎となるポリシー、ルール(規程、細則、ガイドライン等)の見直し・策定をご支援します。上位規程においては情報セキュリティや関連法制度を考慮し、下位では使用しているECMツールの仕様を考慮したガイドラインまで作成します。

ポイント

  1. 規程・細則など、信頼性のあるテンプレートを活用
    グローバル企業様をはじめとした、複数の企業での適用実績があるテンプレートを活用
  2. 短期間・低コストでポリシー策定を実現
    数回のお打ち合わせ(最短1ヶ月)で、お客様の業務に応じたポリシーを策定
  3. 策定したポリシー・ルールの全社展開支援
    全従業員が理解・実行できることを目指し、対象システムや規程を踏まえたハンドブックの作成をサポート

業務改善、紙文書の削減

FUJITSU ビジネスコンサルティング
コンテンツ管理・改善サービス

課題:日々増大するコンテンツにより、生産性の低下やファイルサーバのキャパシティプランニングにお困りではありませんか?

オフィス文書・メール・ウェブコンテンツ等のデータは業務の中で日々爆発的に増加しています。これらのデータをファイルサーバに格納し、管理は各個人に一任している企業も多いのではないでしょうか。
情報量の最適化による「情報活用効率向上」とインフラの「管理コスト削減」に向け、企業内コンテンツの管理プロセス整備をご支援します。

ポイント

  1. 情報管理のための統合マネジメントフレームワークの策定支援
    既存の基幹システムや各部署に散在するファイルサーバの利用状況等も踏まえた、最適な情報管理の体系・枠組みをご提案
  2. 対象業務範囲における最適な管理規程の策定支援
    コンテンツの管理レベル向上と現場への定着を考慮した情報管理規程の策定をご支援
  3. 最適なECM ツールの選定支援
    富士通取り扱いの豊富なECM/文書管理ツールなどから、ニーズに応じた最適なツール選定をご支援

FUJITSU ビジネスコンサルティング
ペーパーレスBPRサービス

課題:紙ベースの業務、属人的な業務が、標準化・効率化や有事の事業継続の妨げになっていませんか?

紙ベースの業務処理や属人的な業務は、業務の集約・シェアードサービス化による効率化の阻害要因となるだけでなく、有事において企業活動の継続が困難になるリスクを孕んでいます。
コンテンツ管理と業務プロセスの最適化をご支援することで、業務の効率化を実現し、災害時の企業活動への影響を最小限に抑えます。

ポイント

  1. 紙文書の電子化・管理支援
    紙文書の電子化、e-文書法対応も踏まえた適切な管理をご支援
  2. 全社データの統一管理に向けた基盤構築支援
    対象業務において、全社統一の環境構築・権限設定とデータ共有をご支援
  3. 業務プロセスの標準化
    属人的な業務プロセスからの脱却、文書管理基準の整備をご支援

FUJITSU ビジネスコンサルティング
電子帳簿保存法対応支援サービス

課題:電子帳簿保存法、e-文書法の対応に向けた、システム化要件定義に悩まれていませんか?

電子帳簿保存法対応による帳簿や証憑書類の電子化や電子取引対応の際、どのような業務・システムを構築すべきか、実務ベースでの検討に入った途端に悩まれてはいませんか。 これまでのシステム構築ご支援の実績と内部統制対応のノウハウを活用し、現状システムの分析や要件定義をご支援します。

ポイント

  1. ワークショップ形式での初期の方針検討支援
    関係者を集めた場でのファシリテーションにより、電子保存対応をプロジェクト化するかどうかといった方針について、短期間での方向付けをご支援
  2. お客様の事情に応じた形態でのシステム化要件定義支援
    お客様主体作業へのアドバイザリ参加から、弊社リードによる要件定義まで柔軟に対応
  3. 既存システムの法対応に向けた要求事項とのフィット・ギャップ分析
    お客様の既存システムを電子帳簿保存法に適合させるための要件を、SEと連携して抽出

グローバル対応

FUJITSU ビジネスコンサルティング
グローバル・コンテンツ管理支援サービス

課題:海外のビジネス環境における法制度や行動様式を考慮した、グローバル情報共有を実現できていますか?

企業のグローバル化の進展に伴い、距離と時間を越えたコミュニケーション・協働の必要性がますます重要になっています。しかし、海外でのビジネス環境には国内とは異なるリスク(様々な法規制・行動様式の違い)が存在し、適切な認識と対応を怠ると大きな損失にもつながりかねません。カルテル・訴訟・ディスカバリ等、グローバル展開におけるリスクを軽減し、グローバル協働を支えるコンテンツ管理をご支援します。

ポイント

  1. コンテンツのロケーションを考慮したコンテンツ管理基盤の構築支援
    主要国の法規制等を考慮したコンテンツ管理基盤の配置や検討事項抽出をご支援
  2. 対象業務や拠点の所在国を考慮した情報管理規程の策定支援
    主要国の法規制等を考慮したグローバル情報管理ルールの策定をご支援
  3. グローバル対応時に考慮すべき、不正対策等のシステム化支援
    訴訟や情報盗難等に備えるためのシステム化をご提案し、要件定義をご支援

セキュリティ強化

FUJITSU ビジネスコンサルティング
セキュア・コンテンツ管理支援サービス

課題:情報漏えいや情報セキュリティ事故発生時の対策に不安はありませんか?

情報管理が各部門・部署に任せきりになっている企業も多いのではないでしょうか。各部門・部署が個別のコンテンツ管理を行うと、全社的な統制が効かず、万が一の漏えい時にも原因の特定が困難となり、対応の遅延によって企業の信用を失う事態にもなりかねません。
企業内情報のセキュリティリスク軽減のための、コンテンツ管理実現をご支援します。

ポイント

  1. 情報管理ルールの見直しをご支援
    現状のルールや対象情報の見える化を行い、課題を抽出し、ルールの見直しを実施
  2. 情報の一元管理の実現をご支援
    情報管理プロセスと体系の見える化と最適なECMツールの提案により、情報の一元管理を推進
  3. ルールの定着化をご支援
    ルール定着にむけた教育コンテンツの作成や利用者教育を実施

関連情報

ECM導入コンサルティングに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)