GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ECM/文書管理 >
  4. 活用(3) 社外からアクセスする情報共有環境

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス tsCollaborationの活用(3) 社外からアクセスする情報共有環境

thumb80-secure プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス tsCollaborationは、自社で抱える機密情報・個人情報など、社外から最新データにアクセスする必要がある状況において、セキュアな情報共有基盤としてご活用いただけます。

以下のようなお客様にお勧めします。

  • 自社で保有するお客様情報(個人情報)をベースに業務を委託するお客様
  • 在宅勤務など、多様化する自社内の勤務形態に合わせたワーク環境として活用したいお客様
  • 外出時の顧客先などから、最新データにアクセスすることにより業務のスピードアップ・利便性向上を図りたいお客様

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス
tsCollaborationの導入メリット

情報に応じて必要な人だけにアクセス権限を設定することが出来ます

フォルダやファイルなど、アイテム単位でアクセス権限を設定することが出来ます。メンバーによって見せる情報・見せない情報を設定することが出来るため、情報漏洩リスクを最小限に抑えることができます。

コンテンツ共有だけでなく、タスク管理や情報交換など、効率的に情報共有いただけます

Excelのようなスプレッド形式のデータをWeb上に取り込んで管理できるデータベース機能、スケジュール・タスク管理機能、掲示板形式で複数人とのやり取りが記録できるディスカッション機能など、情報共有に役立つアイテムを自由に組み合わせて活用いただけます。

社内環境とは別で必要な時に必要なタイミングで環境をご利用いただけます

普段社内で活用しているツールやネットワークが活用できない外部との情報共有が必要になった場合、必要なタイミング・必要な期間にご利用いただけます。

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス
tsCollaborationの利用イメージ

化粧品メーカーと発送担当者(委託先)との発送先お客様情報共有例

発送担当者がお客様先にサンプルなどを配達する場合、オンラインで配達先情報をセキュアに共有いただけます

計器メーカー本社と地域担当者(代理店)とのお客様情報共有例

各家庭や工場のガスメーターをチェックする担当者と本社間で、契約個人宅住所や企業工場配線などをオンラインでセキュアに共有。リアルタイムな情報を共有することができ、個人情報の持ち出しや不正アクセスも制御できます。。

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス
tsCollaborationの活用いただける機能

arrow-back活用(2) 他社との情報共有環境 |  活用(3) 社外からアクセスする情報共有環境

ECM/文書管理に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)