GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ECM/文書管理 >
  4. 活用(2) 他社との情報共有環境

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス tsCollaborationの活用(2) 他社との情報共有環境

thumb80-collabo 企業の多様化に伴い、他業種の協業他社や委託先とビジネスを推進する機会は増加しています。プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス tsCollaborationは既存の社内情報共有基盤とは別に、必要な時に必要なタイミングでWebブラウザベースにて情報共有いただけます。

以下のようなお客様にお勧めします。

  • 協業他社とのプロジェクト推進において情報共有環境が必要なお客様
  • 価格表など、競合他社ほか外部への漏洩を防ぎたい情報を販売パートナーとセキュアに共有したいお客様
  • スクリーンショットや印刷制御により他者による情報漏えいを防ぎたいお客様

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス
tsCollaborationの導入メリット

インフラ運用・資産管理が不要、月額にて環境をご利用いただけます

クラウドサービスなので、必要なときに必要なだけご利用いただけます。月額費用でご利用いただけるため、資産管理も必要ありません。

スクリーンショット・印刷の制御により、印刷媒体流出による漏洩も防ぎます

個々の権限やファイルによって、スクリーンショットや印刷を制御することが可能です。これにより、紙媒体の印刷による漏洩や流出を防ぐことが可能です。

登録メンバーは社内の管理者によりリアルタイムに変更できます

急なプロジェクトメンバー変更時にも、リアルタイムに変更することが可能です。また、IRMでポリシーが設定されている機密情報であれば、万が一外部に持ち出されていても開くことは出来ません。

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス
tsCollaborationの利用イメージ例

半導体メーカーから販売特約店との価格情報の提供

fig01

人材派遣会社と派遣先企業との派遣社員個人情報の共有例

fig02

プロジェクト管理に最適な情報共有クラウドサービス
tsCollaborationの活用いただける機能

 arrow-back活用(1) 海外拠点との情報活用 |  活用(2) 他社との情報共有環境 |  活用(3) 社外からアクセスする情報共有環境arrow-next

ECM/文書管理に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)