GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ECM/文書管理 >
  4. 富士通の考えるECM(エンタープライズコンテンツ管理)とは

富士通の考えるECM(エンタープライズコンテンツ管理)とは

組織内には各種申請書、電子メール、Webコンテンツなど様々な非構造化データが散在しており、業務の中で日々膨大化しています。ECMソリューションの導入により、これらのコンテンツをセキュアな環境で一元的に管理・運用・共有することで、戦略的なコンテンツの活用をご支援します。

【富士通の考えるECM(エンタープライズコンテンツ管理)の概念図】
図:富士通の考えるECM(エンタープライズコンテンツ管理)

関連情報

ECMソリューション

紙文書、音声・画像、電子文書など日常業務において膨大化するこれらのコンテンツを、統合的かつセキュアに管理・運用・共有し、企業内における情報資産を有効的に活用するためのソリューションをご紹介します。

【主なソリューション】

ECM導入コンサルティング

電子帳簿保存法(e-文書法)などの法律面、内部の情報管理規約の策定、業務プロセスの見直し~構築~標準化、新しい業務プロセスの周知・習慣化に向けた施策など、ECM導入時の効果最大化に向けて支援するコンサルティングメニューです。

ECM/文書管理に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)