GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. GLOVIA >
  4. 自動車

FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart PRONES
自動車

GLOVIA smart PRONES 自動車

日本の基幹産業であり、高度な企業間連携にて生産活動を行っている自動車業界では、トヨタ生産方式に代表される日本発の生産管理方式が採用されています。この生産方式の採用により、低コストで高品質な製品が製造可能となるため、幅広い業界でも採用されています。

「GLOVIA smart PRONES 自動車」では、「かんばん方式」と「計画生産方式」の2つの生産方式を1つのパッケージに凝縮して、必要な基幹業務の機能全体を提供しています。

主な機能のご紹介

【受注進捗照会】

内示・確定の進捗状況が確認できる
受注進捗照会機能

【出荷カレンダ】

自社の出荷便に基づいて計画立案ができる
出荷カレンダ

【加工管理表】

製品構成部品単位に予実管理が行える
加工管理機能

【かんばん】

“自社かんばん”として利用可能な
かんばん印刷機能

このほかにも、カレンダ式計画検討、内示受注進捗確認、デポ在庫管理などの機能を提供しています。

導入による課題と解決効果

課題1 得意先からの情報取り扱いが煩雑
解決効果 得意先からの内示・確定・納入指示情報を活用
日々変動する得意先からの内示・確定・納入指示の情報を生産計画や資材調達に活用し、煩雑なデータ処理を自動化します。また、需要の変動を見える化し、今後の計画への反映・対策が迅速に行えるようになります。
課題2 「かんばん」による生産が求められている
解決効果 「かんばん」管理システムの提供
「かんばん」による後工程引取り型の生産をサポートする、“引き取りかんばん”、“工程かんばん”、さらに、部材を加工業者に支給する“支給かんばん”の管理機能を提供します。
また、得意先からの内示情報に基づき将来の必要かんばん枚数の予測や、かんばんの発行、打ち切りといった「かんばん」管理が可能となります。
課題3 生産現場の進捗を把握しにくい
解決効果 生産現場の状況可視化を実現
生産現場においては、生産計画に基づき生産指示が発行されます。生産現場では、その指示に基づいて作業を行うことで、計画と実績の進捗管理が行えるようになります。
さらにその情報を可視化することで生産管理業務の責任者は、的確に生産現場の統制が行えるようになります。

拡張性

他社とのシステム連携を実現

内示/確定/納入指示の情報については、取引先からの情報提供による迅速な連携が行われることが多くなっています。 「GLOVIA smart PRONES 自動車」では、これらの情報をCSVにより直接システムに取り込む機能を提供しているため、EDI注1などを利用した取引先との情報連携をスムーズに実施することが可能となっています。

トータルシステムの実現

生産方式に基づいて、現場管理の仕組みも実現されていることの多い自動車関連企業様では、有機的なシステム間連携を行うことで、確実な情報連携を望まれています。「GLOVIA smart PRONES 自動車」では、製造現場のシステムとの連携を支援する機能によって、効果的なトータルシステムを構築することが可能になります。


(注1)EDI:Electric Data Interface

オプション製品

ご提供しているオプション
製品をご紹介します。

オプション製品

導入事例

ご導入のお客様の事例を
ご紹介します。

導入事例

GLOVIA smart PRONESのお問い合わせ & 資料ご請求

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-MSQ9BB