GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. GLOVIA >
  4. 製品概要

FUJITSU Enterprise Application GLOVIA ProcessC1
製品概要

プロセス産業とは、化学産業、医薬品産業、鉄鋼業、非鉄金属産業、窒業、ガラス産業紙・パルプ産業といった業種をいいます。

富士通は、プロセス産業のお客様のシステム構築を手がけてきたノウハウを元に、販売物流、購買、生産、原価、在庫といった必要不可欠な機能をモジュール単位に集約したGLOVIA ProcessC1をご提供いたします。

GLOVIA ProcessC1は、日本固有の商習慣、プロセス産業固有の要件に対応し、プロセス産業のお客様の様々な課題を解決するトータルなソリューションをご提供いたします。

GLOVIA ProcessC1は、導入されたお客様の大半が原価管理モジュールを採用されており、また、プロセス産業以外の食品製造、飲料製造、金属加工業等のお客様でも原価モジュール単独で利用頂いております。

GLOVIA ProcessC1導入の背景(課題)

原価管理システム再構築の場合

  • 工場毎、または関係会社毎に異なる原価計算制度・システムで原価計算しており、工場間比較ができない、またはコスト要素 の議論ができない。
  • 原価管理システムがブラックボックス化(判る人間が近々いなくなる)。
  • 原料価格の高騰等によるコストインパクトを予測したい。年度ないし半期等の着地点予測、シミュレーションがしたい。
  • 現行、標準原価計算を採用しているが、管理会計用に実際原価計算も併用したい。
  • 副産物・作業屑、再投入等の生産実態を反映した原価計算がしたい。

このような背景から、既存の原価管理システムを見直す企業が増えています。

GLOVIA ProcessC1原価管理システム再構築後の期待効果

  • 企業(グループ)、事業共通の原価計算制度(システム)を構築することにより、全社的な原価管理共通基盤の整備
  • 共通の原価管理システムによる原価管理担当者間を通じた交流の活性化
  • シミュレーション支援機能の利用による、従来より早期・正確・多様な報告と対策
  • 目的・利用者に応じた原価計算結果の提示
  • 生産実態にあった、現場の感覚とズレない(納得感の得られる)原価計算により、現場への原価管理意識の向上

GLOVIA ProcessC1をご導入いただくことで、製造原価を迅速かつ正確に把握することができタイムリーな経営判断を実現します。

お客様の課題から選ぶ

富士通ではプロセス産業のお客様の課題に応じた最適なソリューションをご提供しています。

GLOVIA Process C1のお問い合わせ & 資料ご請求

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-MSQ9BB