GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. GLOVIA >
  4. 構築初期段階に行う試計算

FUJITSU Enterprise Application GLOVIA ProcessC1
特長
原価管理に強いGLOVIA ProcessC1
構築初期段階に行う試計算

試計算とは

GLOVIA ProcessC1 原価管理の構築プロジェクトの初期の段階において、お客様の実データを用いて、実際にGLOVIA ProcessC1を利用し、特定工場、特定月の製造原価計算を実施するものです。

GLOVIA ProcessC1 試計算のメリット

  • システムの品質向上及びスケジュール、予算の確実な遂行にむけて大きく貢献します。
  • システム構築上流工程である要件定義・基本設計において、要件の漏れを防ぎ、要件定義の網羅性を確保することで、上流工程の品質向上に寄与いたします。
  • プロジェクト初期の段階において、GLOVIA ProcessC1による新原価計算の実現イメージの把握が図れます。
  • GLOVIA ProcessC1の原価機能をより具体的に把握できます。
  • お客様の会社全体の原価計算体系の見える化が図れます。
  • お客様のあるべき原価計算の実現に向けて、GLOVIA ProcessC1での計算結果を繰り返し検証しながら、計算ロジックの設定をすることができます。
  • GLOVIA ProcessC1適用時の移行イメージを把握できます。
  • 試計算で設定したマスタをテスト工程で再利用することにより、テスト品質の向上が図れます。

システム構築検討時にGLOVIA ProcessC1を体験するサービス

GLOVIA ProcessC1 原価計算トライアルメニュー

原価計算トライアルメニュー |  構築初期段階に行う試計算 

GLOVIA ProcessC1 試計算 導入事例のご紹介

アサヒビール株式会社様

ビール単体のトップメーカーから総合酒類トップメーカーへ事業拡大
「GLOVIA ProcessC1」原価管理の導入により、全16工場の原価管理システムを統合し最小製品単位の精緻な製造原価計算、原材料価格の高騰等未来コストの発生に俊敏に対応するための決算見込みシミュレーションを実現

GLOVIA Process C1のお問い合わせ & 資料ご請求

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-MSQ9BB