GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. GLOVIA>
  4. 生産管理システムの段階導入

FUJITSU Enterprise Application GLOVIA G2
生産管理システムの段階導入

課題 コスト削減 予算内で思い通りのシステムが完成できない。 投資対効果の明示 IT投資に対する効果がすぐに得られない。 変化への追従 市場の変化に対応できていない。が必要だが…

産業のグローバル化やコスト競争が一層激化する昨今、製造業のシステムに求められるものはさらなるコストの削減、投資対効果の明確化、変化へ追従できる柔軟さが望まれています。

そのような中、製造業での生産管理システム導入において、予定していた予算内で思い通りのシステムを完成できない、IT投資に対する効果がすぐに得られない、市場の変化に対応できないといった多くの課題を抱えている企業様が多いようです。

生産管理システムGLOVIA G2ではこのような課題を解決すべく、「低リスクで、確実に、効果を出しながら」導入することを可能とする「段階導入」を推奨しています。

GLOVIA G2が推奨する「段階導入」

生産管理システムGLOVIA G2が推奨する導入手法は、 はじめに、ある特定の業務分野に導入範囲を絞り込み、プロトタイプを用いて実際の業務にフィットするかを確認し、効果を確認しながら次の範囲へと徐々に展開していく「段階導入」を推奨しています。

段階的に工場全体へ、企業全体へ、さらにはグローバル含めた企業グループ全体へと展開していくことで、一度に多大なシステム投資を行うことを避け、より効果的なシステム投資を続けていくことを可能とします。

最終的には企業グループ全社の仕組みをシームレスに連携し、市場や経営方針の変化に迅速に対応させることを最終ゴールとして、各ステップの投資対効果を着実に経営層へ明示することで、効率良くプロジェクトをゴールへと向かわせることができます。

使いながら、評価しながら、効果を出しながら 導入する方法

これまでの一気に大規模な投資を行うような生産管理システム導入では、どれだけ良いシステムを導入しても、プロジェクト開始から数年後にしか効果が出ないというのが一般的です。
これでは、導入期間中、投資対効果がはっきりと見えないままプロジェクトを進めることになり、社内的にプロジェクトを進めるのが困難になるケースが多く見受けられます。

生産管理システムGLOVIA G2が推奨するプロトタイプを用いた段階導入では、「使いながら」「評価しながら」「効果を出しながら」を基本として効果を最優先に考え、プロジェクトを段階的に進めていきます。各段階ごとに短期間で導入効果を確認し、お客様内でIT投資の妥当性を判断しながら無理なくシステム導入を進めることが可能になります。

また、「使いながら」「評価しながら」「効果を出しながら」のステップを踏んでいくことで市場の変化、トレンドにも素早く・容易に追従することが可能になります。

複数拠点への展開を簡単に行う仕組み

将来的にシステムを他拠点に展開したい場合や、企業の成長に伴い企業統合や海外進出などの新規事業の立ち上げがあった場合でも、生産管理システムGLOVIA G2では会社・事業所・工場の拡張が容易なため、企業の変化に柔軟に追従することができます。(マルチカンパニー)

複数工場を1システム、1データベースで統合管理することにより、データの重複入力や更新時のタイムラグ、マスタ情報の不一致等のムダや矛盾をなくすことができます。少しずつ段階的に全工場へ広げていくことで、最終的には全社レベルで効率的に業務を遂行することが可能になります。

また、統合管理されたデータベースを用いることで、 BIツール(注)等を使って全社的な生産活動をリアルタイムに可視化・分析でき、経営上に必要な意思決定も迅速化できることにつながります。

(注)BIツールとはデータベースに格納された大量の数値データを分析するのに使われます。

国内・海外拠点を1サーバで運営

生産管理システムGLOVIA G2の1システム、1データベースで統合管理できる仕組みがあることにより、本社にてシステムを一括管理することが可能になります。各拠点はクライアントから本社の集中サーバに情報を更新しながら業務を行い、本社では各拠点の情報を一括管理でき、システム運用も集中的に管理できるようになります。

サーバを本社にて一括管理することによる具体的なメリットは下記のようなものがあります。

  1. 情報の一元化、情報統制の確立
  2. サーバ乱立・煩雑化を避け、ムダなIT資産の削減
  3. 運用の効率化・ランニングコストの削減

GLOVIA G2は、段階的な導入に適した豊富な機能と、30年以上の間、製造業をサポートする中で培ったノウハウによって、確実に効果の出る生産管理システムの導入をご支援いたします。

段階導入にご興味をお持ちの方に

生産管理システムの段階導入を成功させるためのポイント解説をご用意しました。(無料)

生産管理のスペシャリストが語る段階導入のメリット

生産管理システム 段階導入のポイント

  • Step I   プロトタイプを使いながら評価する
  • Step II   評価しながらモデル工場へ導入する
  • Step III   確実に効果を出してから他拠点へ展開する
  • Step IV   市況の変化に応じてすばやくグローバル展開させていく

下記フォームの「生産管理システムの段階導入 解説資料」にチェックを入れて、お申し込みください。

資料請求はこちら

お気軽にお問い合わせください

  • 本事例、及び関連製品のご質問・ご相談など
  • 当社の担当者がお伺いしてのデモンストレーションをご希望の方
  • 当社の担当者がお伺いしての詳細説明をご希望の方
  • より詳しい資料提供をご希望の方

お問い合わせはこちら

GLOVIA G2のお問い合わせ & 資料ご請求

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-MSQ9BB