GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. GLOVIA>
  4. ミックスモード生産ソリューション

FUJITSU Enterprise Application GLOVIA G2

ミックスモード生産ソリューション

計画生産から受注生産まで、多様な生産形態に対応

計画生産から受注生産の混在型のこんな課題を解決します

複数生産形態の混在型における課題   GLOVIA G2が解決

1.計画生産が主な生産形態であったが、顧客ニーズの多様化により個別仕様が増加し、個別受注生産に対する必要がある。

計画生産や個別受注生産といった複数の生産形態に1つのパッケージで柔軟に対応可能。

2.市場予測による見込み生産では見込み精度により、不要な在庫が増えてしまう。

共通品までを見込みで生産し、最終製品は顧客仕様にもとづくBTO生産を行うことが可能。

3.試作品から量産品への移行に際し、生産形態も個別生産型から量産型へ変える必要がある。

試作品から量産品への移行も、パラメーターの変更のみで対応可能。

個別仕様対応への変化・拡大

エンドユーザ様のニーズの多様化に伴い、見込・大量生産だけでなくエンドユーザ様の個別要件ごとに応じた個別仕様対応のニーズが増えてきています。GLOVIA G2は見込・大量生産と比べ管理項目も多岐に渡り、複雑な個別受注生産・エンジニアリング型受注生産にも対応しています。見積・応札・契約の管理から、内/外作の管理、納入後のアフターサービス、スペアパーツの管理までトータルに対応できます。

特に製品納入後のアフターサービス業務について保証内容管理、設置、修理業務、サービスエンジニア派遣などを効率的に管理することで、製品付加価値を増し、ビジネスの拡大を実現します。

個別受注生産ソリューションのご紹介

ミックスモード生産形態

見込・大量生産に加えて製品の一部を個別受注型の生産とするミックスモードの生産形態にも対応しています。見込生産から個別受注生産、プロジェクト型生産まで幅広くカバーしているため、複数商品の並行生産や試作~量産~終息の製品ライフサイクルを見ながら柔軟な生産形態を採用することが可能です。また、企業の生産形態が変わった場合でも、ERPシステムを変更する必要がありません。

様々な品目種別に対応

製品・部材・外注品(有償・無償)や製品設計・出荷・据付作業といったサービスなど、様々な品目種別を持ち合わせており、計画生産から受注生産の混在に柔軟に対応します。

導入事例のご紹介

実際にGLOVIA G2のミックスモード生産ソリューションによって、課題を解決されたお客様の導入事例をご紹介します。

GLOVIA G2のお問い合わせ & 資料ご請求

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-MSQ9BB