GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. GLOVIA >
  4. 内部統制ソリューション

FUJITSU Enterprise Application GLOVIA G2

組立製造業向け 内部統制ソリューション

既に米国SOX法に対応しているアクセス管理・ログ管理モジュールにより内部統制を強力に支援します。
アクセス管理・ログ管理はセキュリティの面でも今後必要不可欠になります。

生産管理システムに求められる内部統制

2006年6月に金融商品取引法が成立し、2008年度から日本においてもJ-SOX法(日本版SOX法)が実施される事になりました。
対象となるのは全上場企業及び連結子会社です。企業内部のルールに大きな影響を与えることは必須であり、今後は上場非上場を問わず、また規模の大小に関わらず、ゴーイングコンサーン(継続する企業)として生き残るために必要な経営基盤とは何かを真剣に考える時期にきているといえます。

内部統制は「全社レベル統制」、「業務プロセス統制」、「IT全般統制」の大きく3つの統制に分けられます。

生産管理システムなどの業務ソリューションに求められるのは、業務プロセスの統制を支援する「ITアプリケーション統制」と、アクセス管理やログ管理に代表される「IT全般統制」への対応です。

GLOVIA G2の内部統制ソリューション

GLOVIA G2では会計システムへと連携される財務報告の信頼性を確保するために、販売・購買・生産等の業務プロセスでの内部統制対応支援機能をご提供いたします。豊富な機能を持つGLOVIA G2を導入することでビジネスの管理レベルを下落させることなく全社的な業務プロセスの標準化・可視化を推進します。

既に米国SOX法にも対応しているGLOVIA G2では内部統制対応モジュールとしてユーザ権限定義とアクセス制御の仕組みを強化した「セキュリティマネージャー」、ログ(履歴)管理を強化した「オーディットマネージャー」の両モジュールをご提供し、内部統制対応を強力に支援いたします。

ERP導入によるシステムの標準化

手組みのシステム   ERPシステム
お客様自身での対応が求められる
  • マスタデータの整合性
  • 入力データの整合性
  • データの一元管理
ERPで標準対応が可能
  • 主要なマスタデータに対する変更及び修正の権限管理
  • 主要なマスタデータに対する履歴の保存、照会

米SOX法を基準に、日本J-SOXに対応し
業務統制、IT統制を強力に支援します

  • ユーザー(ユーザーグループ)毎に、役割・責任・アクセス権限、パスワード期限管理ができる
  • セッション、データ変更ログがトレースできる
  • UIコンフィギュレーション機能によりノンカスタマイズで画面を項目単位で制御できる

GLOVIA G2のお問い合わせ & 資料ご請求

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-MSQ9BB