GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. GLOVIA >
  4. 導入事例>
  5. 株式会社エルジオ様

システムを変える事で、業務の標準化・効率化を図りたい、既成概念にとらわれない、新しい提案を必要としていました

このページの情報は、2009年に掲載されたものです。
最新情報は、GLOVIAトップページよりご覧ください。

株式会社エルジオ様 関連写真

株式会社エルジオ様 導入事例



株式会社エルジオ様では、業務の標準化・効率化を目標として基幹システムを2004年の7月に一新された。導入から3年経過後の現在の状況や、システム構築を担当した富士通パートナーのカイタックの評価を、ご担当者様にお話をお伺いした。

[ 2009年5月27日掲載 ]

導入事例概要
業種: 石油卸売業
ソリューション: 販売管理システム
製品: GLOVIA smart 販売 FMMAX
課題と効果
1 煩雑な事務処理業務を何とかしたい 単価決定方式のマスタ化と単価遡及機能の構築により、価格精算業務の標準化と効率化を実現
FAX/OCRシステムの導入、元売システムとのデータ交換機能の構築で、 各手配業務の効率化を実現
2 システム上の在庫データが信頼できない 物の流れに沿った在庫変動方式の採用により、システム上の在庫データの信頼性が大幅に向上
3 現業部門(油槽所・タンクローリー・タンカー)との情報連携が出来ていない GLOVIA smart 販売 FMMAX上で、配送計画表を作成し、現業部門のハンディターミナルに指示情報を転送。
逆にハンディターミナルからの 給油実績情報をGLOVIA smart 販売 FMMAXに売上データとして取り込む事で従来、手作業で行われてきた業務の大幅な効率化を実現
4 自由な視点で業務データの分析を行いたい DWH(Interstage Navigator、Naviイントラエース)連携により、各種統計資料作成業務の効率化と現場部門の情報活用度の向上に貢献

icon-form 本事例に関するお問い合わせ

エルジオ様の事業内容について

先ず、御社の業務内容についてお伺いしたいのですが、一般消費者にとって身近なガソリンスタンドの経営以外にどの様なことをされているのでしょうか?

当社の売上の比率でいうと石油製品の卸売が全体の80%以上を占めています。具体的には、工業炉、ボイラー、自家発電設備など産業用のエネルギーの企業向け販売や、船舶への給油も行っています。

船舶への給油ですか?

はい。当社では4隻の給油船を保有しており、主に瀬戸内海の船舶や沿岸の工場へ燃料や潤滑油の供給を行っています。それから、全国に海上給油のネットワークを構築していますので、北海道から九州まで全国のお客様に燃料供給出来る体制を整えています。

今後の事業展開についてお聞かせ頂けないでしょうか。

石油を中心とするエネルギーは現代の生活においての基盤といえるものです。
一方で地球環境への負荷といった問題も同時に抱えています。そのような中で天然ガスといった新しいエネルギー分野にも積極的に取り組み、「エネルギーコミュニケーション」をキーワードに地球や地域に対して貢献していきたいと考えています。

富士通パートナーを選定した理由

複数の提案先の中から富士通パートナーであるカイタックを選んだ理由をお聞かせ頂けますか?

「一言でいうと『若々しさがあった』からでしょうか。というのも、当社としてはシステムを変える事で、業務の標準化、効率化を図りたいという思いが有り、既成概念にとらわれない、新しい提案を必要としていました。
そういう意味でも『カイタックさんの若さ』に賭けてみようと思いました。」
「はっきりとは言えないけど、『勘ですかね』(笑)
カイタックさんには、パートナーとして取り組む姿勢も見えましたし、『一緒に考えていこう』という雰囲気が有りました。」

その「賭け」や「勘」は外れませんでしたか?

外れはなかったですね。厳しい要求にも関わらず、良く対応して貰ったと思います。

導入後のシステムの品質やサポートの状況についてはいかがでしょうか。

大きな問題も無く、稼動まで持ってこれたと思います。
サポートについてもチームで対応して貰っているので、安心です。

システム面について

株式会社エルジオ様のシステム概要図

システムを更新して変わったことはありますか?

手作業による管理(注1)が広くシステム化され、業務の効率化、簡素化が実現出来ました。また、業務改革という視点で社員の意識向上にも繋がっていると感じています。

システムを更新するにあたって重要視したポイントはなんですか?

HHT(Hand Held Terminal:持ち運び用検品端末)

「既存システムの焼き直しという進め方はしたく有りませんでした。石油業界特有の商習慣、取引形態に対応したシステムであると同時に業務を処理する上で標準的な考え方を取り込みたいとも思っていました。 今回、システム開発のベースとしたGLOVIA smart 販売 FMMAXの標準的な販売管理機能とカイタックのSEさんのアドバイスにより、特殊要素と標準要素のバランスが取れたシステムが構築出来たと感じています。」

(注1)売上・仕入・在庫管理以外にも、FAX-OCRによる受注システム、HHT(Hand Held Terminal:持ち運び用検品端末)による物流管理システム、石油元売会社との情報連携システム等を構築している。

今後の展望

御社の今後の展望をお聞かせ下さい

業務の見直しという観点では「改善の余地」があると思います。
その中で、システム化によって解決すべき課題とそうでないものの切り分けを行い地に足を付けて自社にとって必要なものを取捨選択していきたいと考えています。
カイタックには、業種に関係無く「他社の事例」をどんどん紹介して欲しいですね。

GLOVIA smart 販売 FMMAX導入時の効果

要件分析・定義の手法とその効果

新しくシステムを構築する際の一番の難しさはお客様が思い描いているイメージと開発側のイメージを一致させることでした。
GLOVIA smart 販売 FMMAXでは、システムのプロトタイプを構築し、画面遷移や入力項目のイメージをお客様と共有しながら要件分析・定義を進めていくことが可能です。
エルジオ様とのお打合せにおいても、このような手法を採用することで、いわゆる「解釈の違い」を極力減らすことが出来ました。(カイタック)

パートナーメッセージ

カイタック株式会社

カイタック株式会社

エルジオ様では、石油卸業界特有の商習慣、取引形態に対応しつつ業務の標準化と効率化を実現するシステムの構築を目指されていました。
社内各部門の代表者が集まった、「IT委員会」を立ち上げられ次期システム検討がスタートしその中で、カスタマイズ型販売管理システムGLOVIA smart 販売 FMMAXをベースとした弊社の提案をご採用頂きました。
弊社としても石油卸業は初めての経験で当初は、業界ならではの考え方に戸惑うことも有りましたが、ご担当者様に懇切丁寧な、ご説明や、新しいアイディアを頂いた結果、システム導入の目標であった「業務の標準化と効率化」を実現する新システムが完成しました。
今後も、エルジオ様とは、率直な意見交換を行いながら、真のパートナーとしての関係を維持・発展出来るように尽力して参ります。

【株式会社エルジオ様 会社概要】

所在地 岡山県岡山市北区大内田764-3
代表者 木村 容治
創業 1918年3月
売上高 306億円(2007年9月期)
従業員数 100名
事業内容 石油製品サプライ(卸、小売)、天然ガスサプライ、生命保険・損害保険代理店、自動車整備・板金・塗装、TSUTAYA事業
株式会社エルジオ 会社ロゴ
ホームページ 株式会社エルジオ ホームページ

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

GLOVIA smart FMMAXのお問い合わせ & 資料ご請求

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-MSQ9BB