GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Oracleソリューション(アプリケーション)

富士通 - Oracle コンピテンシーセンター

富士通 - Oracle コンピテンシーセンターのご紹介

富士通EBS-CCのロゴ

設立の目的

設立当時の弊社UNIXサーバの最新機種である「PRIMEPOWER」と「Oracle E-Business Suite 11i」の組合せで、お客様にとって、信頼性の高い最適なシステムソリューションを提供するため、両社のエンジニアによる常設技術センターを設置しました。現在は「SPARC Enterprise」と「Oracle E-Business Suite R12」が最新の組み合わせとなっております。

設立の背景

  • オラクルERPビジネスの増加
  • 富士通でのオラクルERPビジネスが急拡大
  • ERPシステムの大規模・高信頼化(全社システム)
  • 短期間でのシステム構築

事例

  • 大 / 中 / 小規模製造業クラスタシステム、建設業クラスタシステム、官公庁クラスタシステム等多数の稼働事例があります。
  • 稼動事例以外のシステムに対しても、EBSインフラ支援、EBSコンサル支援、EBSサイジング支援等を対応しています

富士通 - Oracle E-Business Suite コンピテンシーセンター

富士通 PRIMEPOWER の EBS 技術支援のご紹介

  • Oracle EBS 基盤 / 技術トータル支援
  • Oracle EBS インストレーション / 環境構築支援
  • Oracle EBS クラスタソリューション設計支援 / 導入支援
  • Oracle EBS バックアップリカバリーソリューション設計支援 / 導入支援
  • Oracle EBS 監視ソリューション設計支援 / 導入支援

関連センターのご紹介

富士通は、2004年12月9日に浜松町世界貿易センタービル内に「富士通トラステッド・クラウド・スクエア」を開設しました。富士通トラステッド・クラウド・スクエアでは、EBSにとどまらず様々なお客様ニーズに則した各種アプリケーションの検証等を豊富な富士通プラットフォーム製品上で実施することが可能です。
注)「Platform Solution Center」を、富士通トラステッド・クラウド・スクエアに改称

富士通トラステッド・クラウド・スクエア(Fujitsu Trusted Cloud Square)のイメージ

Oracleソリューション(アプリケーション)に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)