GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通のコンセプト

インフラストラクチャー


安心のインフラストラクチャー

富士通 - Oracle コンピテンシーセンター

富士通EBS-CCのロゴ

Oracle EBSのインフラストラクチャーとなるハードウェア・ミドルウェア・プロダクト・ソリューションは、Oracle EBSパッケージの特性(統合DB、コンカレント処理、業務整合、業務継続性、パッチ特性)と関連するOracle EBSのテクノロジースタック(OracleDB等の関連プロダクト一式)や最新OS等の機能 & V/L組み合わせを考慮し、お客様のシステム要件(RFP提示となるシステム信頼性要件、稼動性要件、拡張性要件、性能要件、復元要件等)を操作性、運用性をふまえたシステム構築が必要となります。

最適なシステムインフラを構築するにはパッケージの特性を考慮した技術ノウハウが必要となります。
これにはパッケージ・テクノロジースタック・OSを含めたミドルウェアまで多岐にわたる機能・動作・制約・特性を調査し、最適な構成を検討していかなければなりません。
通常このような作業は、期間・必要スキルを考慮すると大変困難な作業となります。

富士通 - Oracle コンピテンシーセンターのインフラ構築支援サービスは、大規模環境を含めた数十社のインフラ構築実績・事例に基づいたサービスを提供しており、短期間で高化用性・高信頼システムを低価格で構築が可能となります。

EBSシステム構築支援サービス

  • Oracle EBS 基盤 / 技術支援
  • Oracle EBS インストレーション / 環境構築支援
  • Oracle EBS クラスタソリューション設計支援 / 導入支援
  • Oracle EBS バックアップリカバリーソリューション設計支援 / 導入支援
  • Oracle EBS 監視ソリューション設計支援 / 導入支援

プラットフォーム

UNIXサーバ SPARC Enterprise(スパーク・エンタープライズ)

SPARC Enterpriseは、富士通が長年培ってきた高性能・高信頼技術に、サンマイクロシステムズ社のオープンアーキテクチャーを融合させて共同開発した、バックエンド・Webフロント等、サーバを役割ごとに配置する現代の企業システムに最適化したUNIXサーバです。

Oracle EBS導入時の優位性

高信頼・高性能を謳っている SPARC Enterprise をベースとしてインフラ環境を構築することにより、システムの安定稼働を実現します。 富士通 - Oracle E-Business Suite コンピテンシー・センターでは、これまでのPRIMEPOWER上でのOracle EBS技術支援サービスの 豊富な実績を活かしてSPARC Enterprise上でも実績を積んでおります。


PCサーバ PRIMERGY(プライマジー)

PRIMERGY は広く普及しているWindowsサーバOSと、現在伸長を続けているオープン環境のLinux OSのプラットフォームとなる製品です。

Oracle EBS導入時の優位性

コストパフォーマンスに優れた高信頼・高性能を実現する PRIMERGY の採用により、Linux OSでもOracle EBSを導入できます。


ネットワークサーバ IPCOM(アイピーコム)

IPCOM は、日々増大するデータ量に対する予測困難なアクセス集中によるレスポンス低下などの課題を負荷分散機能や帯域制御機能により24時間365日運用可能な安定したネットワーク環境を提供できるネットワークサーバです。

Oracle EBS導入時の優位性

IPCOM を利用したOracle EBSの負荷分散ソリューションを、他社に先駆け日本オラクル社と共同で検証しています。

Oracleソリューション(アプリケーション)に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)