小売り店舗向けソリューション「オムニチャネルテンプレート」

ECサイトでの閲覧履歴など、チャネルから得た“個”客情報のSalesforceによる一元管理、分析が可能です。リアル店舗でタブレットから販売員が“個”客情報へアクセスし、“個”客にフィットした接客をすることで、“個”客の「買いたい」気持ちを「購入」に繋げることが可能です。

オムニチャネルテンプレートの概要

あらゆるチャネルから収集・一元管理された顧客の情報から、ロイヤルカスタマーに向けて効果的な誘客施策や販売支援を実現します。

[図]

タブレットで実現するオムニチャネルテンプレートの「おもてなし」

“個”客に特化したプロモーションの実施により、リアル店舗へ効率のよい集客を実現

リアル店舗の販売員がタブレットから多彩なチャネルより取得した“個”客情報へアクセスし、購買行動履歴からニーズを把握します。“個”客にフィットしたマーケティング実施によりリアル店舗へ誘客し、集客の精度を上げていきます。

[図]

タブレット活用による“個”客にフィットした接客で売上拡大を促進

リアル店舗の販売員は、タブレットより“個”客の購入履歴、ECサイトでの閲覧履歴、商品情報などの情報取得が可能となります。“個”客情報を基に “個”客にフィットした情報を提供することで、個客満足度向上や販売力強化を実現し、売上拡大を促進します。

[図]

“個”客ごとの最適なアフターサービスによるリピート販売への連動

情報を一元管理し、社内共有することによってコールセンターでのスピーディーな“個”客対応を可能にします。また、Salesforceのレポート・ダッシュボード機能を活用することで、タイムリーにデータ分析・可視化が可能です。更に、分析結果をマーケティングに繋げていくことで、販売拡大に向けたPDCAサイクルを実現できます。

[図]

Salesforce CRMに関するお問い合わせ・ご質問・トライアルのご相談

ページの先頭へ