GTM-MML4VXJ
Skip to main content

お客様が抱えるシステムのトラブルを解決し、システム改善を実現

こちらの利用シーンで適用されているインシデント分析サービスは、
新規販売を停止しています。

トラブルがなかなか終息せず再発する、似たようなトラブルの対応に日々追われている、といった状況では、運用・保守作業に過大な負荷がかかり、保守コストがかさんでいきます。
そこで、トラブルの再発防止、システム改善のために、トラブル発生に対して有効な対策が必要とされています。
このような状況において、「インシデント分析サービス」が活躍します。

課題と解決策

課題

トラブルの再発や似たようなトラブル対応に追われ、運用・保守作業に過大な負荷がかかっている。

解決

「インシデント分析サービス」を活用して、根本原因を明らかにし、対策案を立案する。

サービスの活用イメージ

利用部門や運用部門から発生する大量のインシデントを富士通独自の手法を用いて分析し、お客様が抱えるトラブルの根本原因を明らかにし、対策案を立案します。

  • どの部門で、どのシステムで、どのようなタイプのインシデントが多いか、いつのタイミングで多く発生するかなど、定量的な分析を行い、傾向を把握します。
  • 見えてきた傾向と現場のヒアリングから導いた原因と仮説をもとに、システムの仕様変更、利用者マニュアル改善、運用保守プロセスの改善など、具体的な対策案を立てます。

また、根本原因の解明と対処のサイクルを継続していくことが、品質改善につながります。
そのためにも、運用・保守時におけるトラブルの根本原因を明らかにする手法を習得し、自ら継続していくことも重要です。

(注)分析手法の習得についても、ご相談ください。

サービス

キクトク情報室 第8回「課題・不満いっぱいのアプリケーション保守に」

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)