GTM-MML4VXJ
Skip to main content

クラウド環境で最適なアプリケーション運用・保守を実現

こちらの利用シーンで適用されているA&PMテンプレートは、
2017年6月を持ちまして終了しています。

業務アプリケーションの運用・保守におけるトラブルの発生は、ビジネスに影響を及ぼします。そのため、標準化された運用・保守プロセスを適用し、運用・保守作業を確実に管理する環境が必要とされています。
最適なアプリケーション運用・保守環境 「A&PMテンプレート」 を導入すると、課題を解決できます。

※ 「A&PMテンプレート」は、FUJITSU Cloud Service K5の他に、プライベートクラウドやオンプレミスでも利用が可能です。

課題と解決策

課題

運用・保守作業のプロセスが統一されていないため、作業ミスや作業漏れに起因するトラブルが解消しない。

解決

「A&PMテンプレート」を導入

サービスの活用イメージ

富士通の運用・保守の知見が型化された最適な運用・保守プロセスを活用し、アプリケーション運用・保守の品質改善につなげます。

  • 運用・保守プロセスを最適なプロセスで統一し、アプリケーション運用・保守作業を効率化します。
  • プログラムやドキュメントの原本管理、変更管理を行います。これにより、ワークフローに従ったプログラム修正やリリースを実施し、資産の取り違えによるトラブルを防止します。

導入事例

組立製造業A社様

manufacturing-a-casestudies-w80.jpg全社的なビジネス構造の見直しと、ビジネス変化に対応できるIT部門への変革を行うための「新しいアプリケーション保守への移行」

キクトク情報室 第8回「課題・不満いっぱいのアプリケーション保守に」

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)