GTM-MML4VXJ
Skip to main content

複雑化・肥大化した既存アプリケーション資産をスリム化

日々の運用・保守で複雑化、肥大化したアプリケーション資産の保守では、影響調査に多くの時間がかかり、保守コストが膨らんでいます。そこで、システム更改や基盤移行などの際に、不要なアプリケーション資産や類似したアプリケーション資産を見極めてスリム化を行い、移行後の保守性を効率化することが必要とされています。
このような状況において、「資産分析サービス」が活躍します。

課題と解決策

課題

アプリケーション資産が複雑化・肥大化しており、保守コストが削減できない

解決

「資産分析サービス」を活用

サービスの特長

  • アプリケーション資産をプログラム単位に「稼働している資産」と「稼働していない資産」に振り分け、今後の保守作業に必要なアプリケーション資産を特定します。アプリケーション資産の状況や呼出し関係を明確にし、効率的に対象資産の見極めを行うことにより、保守コストの削減につながります。また、移行作業や移行コストの削減にもつながります。
  • アプリケーション資産の類似した処理ロジックを共通部品化する際に、プログラムに点在している同様の処理ロジックを部品化して、保守対象を局所化することができます。これにより、保守作業の冗長が解消され、保守コストの削減につながります。

サービス

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)