GTM-MML4VXJ
Skip to main content

次期システム企画に向け、既存アプリケーションの問題箇所を見える化

次期システムを検討する際、新システムの構築費用を圧縮するためにも、移行方式や対象範囲の絞り込みが重要です。このためには、既存アプリケーションの状況を把握し、現状の問題点を明確にすることが必要となります。ところが、多くのお客様は既存アプリケーションがどのような状況になっているかを把握できていません。
このような状況に、「アプリケーションの見える化」技術が活躍します。

課題と解決策

課題

次期システムを検討する際に必要な
既存アプリケーションの状態が把握できていない

解決

「アプリケーションの見える化」技術を活用

アプリケーション&ポートフォリオマネジメントサービス 既存アプリケーションの問題個所を見える化

サービスの特長

  • 既存アプリケーションの構造をグラフィカルに表示し、問題箇所を明確にします。
    これにより、施策を検討する関係者間での合意形成が容易となり、既存アプリケーションの活用方法、移行方式なども検討しやすくなります。
  • 既存アプリケーションの複雑さや、アプリケーション保守の困難さを明確にします。
    これらは、既存アプリケーション流用型開発時の流用する範囲や活用方法の検討に役立ちます。また、既存アプリケーションの機能改善の際にも、生産性やテスト範囲の見極めに活用できます。

サービス

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)