GTM-MML4VXJ
Skip to main content

アプリケーション運用・保守
FUJITSU Application Management and Outsourcing
資産分析サービス

富士通独自の技術でアプリケーション資産の現状課題を見える化し、品質改善、保守効率化を図ります。

資産分析サービスのご利用イメージ図

サービスの特長

現状アプリケーション資産の棚卸し

現状保有しているアプリケーション資産の全体規模、稼働/未稼働状況、類似性を見える化し、肥大化・複雑化した資産のスリム化が図れます。

アプリケーション保守作業の効率化・品質向上

アプリケーションの複雑度を見える化し、複雑度を考慮した見積、修正漏れの防止などが可能となり、アプリケーション保守作業の効率化、品質向上に繋がります。

次期システム検討に向けた有効材料

アプリケーション資産の現状課題を見える化することにより、次期開発方針の方向付け、保守作業の改善など次期施策への検討材料として有効な活用が行えます。

サービス内容詳細はこちら

価格

「資産分析サービス」は分析対象アプリケーション資産規模、開発言語により価格が設定されます。

詳細な価格については富士通または販売パートナーの担当営業までお気軽にお問い合わせください。
担当営業をご存知ないお客様は「問い合わせフォーム」にてお問い合わせください。

前提条件(システム環境)

ハードウェア : 富士通GS/Mおよび他社製汎用機、オフコン(AS400)、オープン機
対象言語 : COBOL85、MF-COBOL、PL/I、RPG、Java、C言語、PL/SQL

(注1)

上記以外のハードウェアや言語を分析対象とする場合は、個別にご相談ください。

参考価格

分析サービス名 参考価格例
稼働資産分析 1Mステップ 3,500千円~
類似分析 1Mステップ 1,500千円~
資産特性分析 1Mステップ 3,500千円~
システム相関分析 1Mステップ 3,500千円~

特長・価格 | サービス内容詳細

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)