Office 365

Office 365は、メール、Office、スケジュール、オンライン会議などの機能が集約されたクラウドサービスです。
場所や端末を問わず、ドキュメントの作成・共同作業、情報共有、音声・ビデオ会議などができ、業務効率の向上に繋がります。

Exchange Online

予定表(スケジュール)、会議室の予約、メールや連絡先などをひと目で確認することができ、予定表などを他のユーザーと共有できます。
クラウド上で保存、管理されているため、万が一の事故・災害時にも、メールや連絡先などの情報は失うことはありません。また、社外からタブレットやスマートフォンでアクセスすることも可能です。
また、万全なセキュリティ対策により、ウイルス、スパム、マルウェアからデータを保護します。

Office 365 ProPlus/Office 365 Business

Officeは自動配信で常に最新の機能が使用できるため、システム管理者はアップデート業務を気にする必要がありません。
Office 365では、1ユーザーあたり15台のデバイスを活用できます。例えば、会社のPC、タブレット、スマートフォン、在宅勤務時の自宅PCなど、目的に応じて複数のデバイスを活用できます。

SharePoint/One Drive for Business

SharePoint Online 上にファイルを置いておくと、複数人で同一のファイルを開いて作業ができ、リアルタイムに共有できます。
One Drive for Businessでは、ひとり1TBの容量で割り当てられたクラウド上のファイル保存領域があり、ローカルのファイル保存領域と変わらない方法で作業が可能です。また、同期アプリケーションを使うと、ネットワークのない環境でも作業ができます。オンライン接続時に自動的にSharePoint上のドキュメントライブラリとローカルデバイスのデータで同期をとることができます。

Yammer

一般的なソーシャルネットワークシステムと同様に、親しみやすい画面デザインです。社内SNSとして活用できます。
Yammerでは、すばやく簡単に必要な情報を、部門を超えて興味・関連する人と共有することができます。また、モバイルアプリを使用することで、どこからでも作業ができるため、外出時でも安心です。

One Drive for Business

OneDrive for Business では、クラウド内に作業ファイルの保存、共有、同期可能な場所を提供しています。
クラウド内に保存したファイルは、どのデバイスからでもファイルの更新や共有が可能です。
さらに、Office ドキュメントでは他のユーザーと同時に作業することもできます。

マイクロソフト製品のSIソリューションに関するお問い合わせ

ページの先頭へ